熱田神宮 元宮・「氷上姉子神社」

スポンサードリンク

熱田神宮 元宮・「氷上姉子神社」

熱田神宮 氷上姉子神社

創建年

  • 不明
  • 推定:200年代(仲哀天皇年間)※宮酢媛の館
  • 690年(持統天皇4年)※氷上姉子神社
再建年

  • 1461年(寛正2年)
  • 1509年(永正6年)
  • 1543年(天文12年)
  • 1686年(貞享3年)
  • 1893年(明治26年)
建築様式(造り)

  • 入母屋造り
  • 平入
  • 正面唐破風向拝付き
    ※尾張造り
屋根の造り

  • 銅葺
御祭神

  • 宮簀媛命
社格

  • 熱田神宮・境外摂社
発願者(作った人)

  • 宮簀媛命

元宮・「氷上姉子神社」の読み方

熱田神宮の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の社殿がいくつかありますが 「氷上姉子神社」は「ひかみあねごじんじゃ」と読みます。

また氷上姉子神社の「氷上」は創建当初は「火上」と呼称されていたようです。

元宮・「氷上姉子神社」の歴史・由来

これはあまり知られていませんが、・・なんと!かの草薙神剣が実はもともと別の場所で祭祀されていたと知ったら驚きましゅでしょうか?

その場所と言うのも熱田神宮から徒歩で約1時間40分ほど離れた、高速道路沿いの殺風景な場所に建つ神社であるとすれば、さらに驚かれましゅでしょうか?

当サイトですでにご案内の通り、熱田神宮は宮簀媛命によって創建されています。

しかし、一般的に熱田神宮の創建は日本武尊が伊勢国の能褒野(のぼの)で命を散らした後と知られていますが、実はもともと草薙の神剣はこの氷上姉子神社で祭祀されていたと云われております。

熱田神宮に伝わる伝記によると、日本武尊が遠征に赴く際に草薙の神剣を嫁ハンの宮簀媛命に預けたとされる場所が、尾張国愛智郡氷上邑にある宮簀媛命の父親である「火上の館(乎止与命の館)」であったとされています。

そしてこの火上の館の場所こそが、現在の氷上姉子神社が建つ場所だと云われております。

日本武尊は草薙神剣を帯刀せずに遠征に赴き帰らぬ人になりました。

日本武尊の悲報を知った宮簀媛は、しばらくは自らが住む乎止与命の館で草薙神剣を守っていたそうですが、年をとって身体が不自由になることを懸念して、祠(ほこら)を建てることなります。

そしてこの祠を「熱田社」と名づけて草薙神剣と日本武尊を祭祀します。

すなわち、これが熱田神宮の誕生であり、起源と言うことになり、つまりは熱田神宮が元あった「元宮」と言うことになります。

近年では氷上姉子神社が「熱田神宮の元宮」と言うことから、パワースポットしても知られるようになっています。

ちなみに氷上姉子神社は、明治初頭までは熱田社(熱田神宮)の摂社でしたが、1872年(明治5年)に郷社(ごうしゃ)の社格になり、その後、1880年(明治13年)に再び熱田神宮の摂社となっています。

1888年(明治21年)には境内が火事に見舞われ、全焼してしまい、ようやく再建されたのが5年経た1893年(明治26年)で、この時に熱田神宮の境内に位置する別宮・八剣宮の社殿がそのまま移築されています。

尚、現在見ることのできる殿舎の姿は1986年(昭和61年)に再建(修繕)された時の姿です。

その他、源義朝が平治2年(1160年)にが尾張へ赴いた際、途中でこの氷上姉子神社へ立ち寄り、太刀1振を献上したと言う記述も見つかっているそうです。

ちなみにこれは補足となりますが、かつて熱田神宮は「熱田社」と呼称されていました。
神宮が付されたのは比較的、近世に差し掛かってからです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






氷上姉子の名前の由来

氷上姉子神社の「氷上姉子」とは熱田神宮に伝わる資料によると「宮簀媛」のことを指していると云われています。

その他、地名の「火上」からも察するように、本来は「火上姉子神社」であったと言う説も伝わっており、神社の社格を定めた書物で有名な延喜式の神名帳には「火上姉子神社」と言う記載があるようです。

しかし尾張国内神名帳では「氷上姉子天神」と言う記述が成され、熱田七社の一社と位置づけられていたことが明らかにされています。

遠い昔、この地は「火上の里」と呼ばれ、尾張氏が根城とした地であったと伝わっています。

しかし度々、火事に見舞われたために「火上」は縁起が良くないと言うことで「氷上」と名称を改めらたと伝わっています。

現在は地元住民から「お氷上さま」などと親しみをもって呼ばれ、名古屋市緑区大高町の氏神様として篤い崇敬が寄せられています。

氷上姉子神社の御朱印

氷上姉子神社にもオリジナルの御朱印があります。

中央に朱印が押印されているだけの質素な御朱印になります。

氷上姉子神社の御朱印

氷上姉子神社の境内にある「末社」一覧

氷上姉子神社の境内には以下のような「末社(まっしゃ)」が4社あります。

  • 元宮
    御祭神:宮簀媛命
  • 神明社
    御祭神:天照大御神
  • 玉根社(たまねしゃ)
    御祭神:少彦名命
  • 朝苧社(あさおしゃ/境外の社)
    御祭神:火上老婆靈(氷上の地主神)

氷上姉子神社と寝覚の里

その他、境外には日本武尊が東征の際に宿泊し、打ち寄せる波の音で目が覚めたと言われる「寝覚の里(ねざめのさと)」と呼称される場所があります。

寝覚の里の詳しい場所は「寝覚の里公園」と言う公園の中に石碑が建っており、この石碑の場所がかつて日本武尊が宿泊したとされる場所になります。

ただし、寝覚の里は氷上姉子神社から少し距離が離れており、徒歩で約15分ほどの位置になります。↓地図

氷上姉子神社から寝覚の里氷上姉子神社から寝覚の里(公園)への行き方は、西側(高速道路とは逆)の方向へ歩いて行くことになります。

氷上姉子神社の例祭

  • 太々神楽(3月最終日曜日 )
    江戸中期に熱田神宮において奉奏が始まった神楽(かぐら)を奉奏する行事です。
  • 頭人祭(5月6日)
    熱田神宮から高位の神職が派遣されて参拝し絵馬などを奉納する行事です。
  • 大高斎田御田植祭(6月第4日曜日)
  • 大高斎田抜穂祭(9月28日)
  • 秋祭り(大高祭)(10月第1日曜日)
    氷上姉子神社の例祭の中でもひときわ大きな例祭です。
    市内の所定の各地区から花車(山車のようなもの)が出されて市内を巡幸します。

熱田神宮から氷上姉子神社へのアクセス・行き方

熱田神宮から氷上姉子神社へは電車とバスを利用すると40分圏内でアクセスすることができます。

熱田神宮

徒歩約8分

JR熱田駅
東海道本線・豊橋行き(岐阜行き)へ乗車

JR大高駅

徒歩19分

熱田神宮氷上姉子神社

  • 電車(JR)運賃:200円
  • 所要時間:約35分

もしくはJR大高駅からバス(名古屋市営バス)へ乗車することもできます。

JR大高駅
藤田保健衛生大学病院行きへ乗車
↓3駅・5分
折戸バス停下車

徒歩約6分

熱田神宮氷上姉子神社

  • 電車(JR)運賃:410円
  • 所要時間:約36分

氷上姉子神社のお問い合わせ先

住所:〒459-8001 愛知県名古屋市緑区大高町字火上山1-3
TEL:052-621-5935
営業時間:24時間可能(授与所は午前7時頃より日没頃まで)
定休日:なし(年中無休)
URL:atsutajingu.or.jp

駐車場:10台ほどスペースあり

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ