徳川美術館・蓬左文庫の見どころ・楽しみ方と見学所要時間【館内地図付き】

スポンサードリンク

徳川美術館・本館【登録有形文化財】

↑※写真は徳川美術館の新館

竣工年

本館:1935年(昭和10年)
南収蔵館:1935年(昭和10年)
新館:1987年(昭和62年)

建築様式(造り)

鉄筋コンクリート造
※帝冠様式

屋根の造り

緑釉瓦葺(緑色釉薬瓦葺)

設計者

吉本与志雄
大江新太郎
渡辺仁

施工者

竹中工務店

管理運営(所有者)

財団法人 徳川黎明会

発願者

徳川義親

 

それでは、徳川美術館の歴史や見どころをご紹介して参ります!

徳川美術館の歴史

徳川美術館は1つの建物ではなく、2つの建物が連なう形で造営されています。

実際には、「新館」「旧本館・南収蔵庫」があり、現在、数々の展示品が収蔵されている建物が「新館(現本館)」となり、特別展や企画展を行う建物が向かって右隣の「旧本館・南収蔵庫」になります。

徳川美術館は尾張藩2代目藩主「徳川光友(とくがわ みつとも)」が隠居した際に、余生を過ごすため造営した屋敷「大曽根屋敷(おおそねやしき)」が建っていた場所に建設された美術館です。

現在では、この大曽根屋敷の敷地全体を「徳川園(とくがわえん)」と呼称し、この徳川園の真隣に徳川美術館が建っています。

後、江戸幕府が倒れて明治政府が樹立されると版籍奉還(はんせきほうかん)が公布され、この屋敷が尾張藩主の住居(邸宅)となっています。

版籍奉還とはすなわち、天皇に土地を返還することであり、つまり藩主という身分が剥奪されるということになります。

このようなことから版籍奉還の後、生活していくための資金を得るために先祖代々から伝わる品々を売り払う大名家が相次ぎました。

そんな中、尾張徳川家第19代目当主「徳川義親(とくがわよしちか)」は、自らが受け継いできた徳川の宝物類を保護し後世に徳川と日本の歴史を伝えていくために、1931年(昭和6年)に「徳川黎明会(とくがわれいめいかい」と言う「財団法人」を設立し、すべての宝物類の所有権を渡しています。

尚、ここでの宝物類とは甲冑や刀剣類、茶道具、生活用品など、旧・尾張藩で使用されてきた物や、家康公ゆかりの宝物類のことです。

その後、1953年(昭和10年)に現在の徳川美術館を開館して、上述の財団法人「徳川黎明会」に管理運営を委ねています。

つまり、財団が管理(所有)していることになっていますので、いくら徳川の子孫(正統後継者)であっても、先祖代々のお宝に手を出せないという解釈になります。

1987年(昭和62年)には大増築が実施され、西側に入口が新たに設置されています。

同時にこの時に大展示室と小展示2つが現在の7.8.9展示室という名称に改められています。

この後、徳川美術館創立50周年記念において地元の財界人や、一般の方、愛知県などの寄付によって約26億円が集められ、さらなる展示室の増設が行われるなど敷地内全体がリニューアルされています。

現在の徳川美術館は1万を超える宝物が所蔵されており、内9件が国宝指定、59件が重要文化財指定を受けています。

まさに日本を代表する美術館といえます。

徳川美術館の建築様式(造り)

徳川美術館の旧本館と南収蔵庫は、大江新太郎、渡辺仁という昭和を代表する建築家が、佐野時平(建築家)の原案をまとめ上げ、吉本与志雄が主となって施工が開始されています。

徳川美術館の旧本館を見れば分かりますが、純和様の瓦屋根に建物自体は洋風の鉄筋コンクリートで造営されています。

このように和洋が織り交ざった特徴的な建造物を「帝冠様式(ていかんようしき)」と呼称し、主に昭和初期に多く見られた造りの建物です。

現在、このような帝冠様式を持つ建造物は日本国内でも数えるほどしか現存していない貴重な建造物であることから、国の登録有形文化財の指定を受けています。

尚、帝冠様式を持つ建造物が意外にも徳川美術館(徳川園)の近くにあります。

・・どこだかお分かりになりますか?

正解は「愛知県庁」と「名古屋庁舎」です。これらいずれの建物も帝冠様式の建造物になります。

↑愛知県庁

↑名古屋庁舎

徳川美術館・蓬左文庫の見どころ・楽しみ方と見学所要時間【館内地図付き】

第1展示室「武具・刀剣類」

ここでは隠居して駿府城へ移り住んだ徳川家康が所持していた甲冑や刀剣、道具や、歴代の尾張藩主が所持していた甲冑、刀剣などが展示されています。

1616年(元和2年)4月17日に、徳川家康公亡き後、家康公の所持していた宝物類はすべて徳川御三家「水戸(11男・頼房)・尾張(9男・義直)・紀伊(10男・頼宣)」の御3家で分けられて下賜されました。

ちなみにこれら分けられたお宝を「駿府御分物(駿府お分け物)」と呼び、分け物の割合として「尾張藩5」「水戸藩5」「紀伊藩(紀州藩)3」と伝えられています。

中には人気ゲーム「刀剣乱舞」に登場する国宝級のお宝も!

これらのお宝の中には家康公が織田信長公から賜った物や、人気パソコンゲーム「刀剣乱舞」で登場するキャラの名前の元となった実物の刀剣も多数、展示されることがあります。刀剣乱舞ファンは必見です!

徳川美術館所蔵の刀剣乱舞で登場する刀・一覧

物吉貞宗(ものよしさだむね)
鯰尾藤四郎(なまずおとうしろう)※重要文化財
後藤藤四郎(ごとうとうしろう)
山姥切長義(やまんばぎりながよし)※重要文化財


スポンサードリンク -Sponsored Link-






第2展示室「茶室と茶の湯」

ここでは、かつての名古屋城の二の丸御殿に設置されていた茶室「猿面茶室」を原寸大で復元した模型が展示されています。

この茶室で使用されている茶道具にも注目です!

江戸時代の日本では入手困難な外国製の茶道具が置かれています。これら外国製の茶道具も代々の尾張藩主が実際に使用していたものです。

茶道具(茶器)の中には、千利休や豊臣秀吉が欲した高級茶器や高級茶道具もお目にかけることができます。

尚、これらの茶道具を含めた道具は客人をもてなす用と調度品(毎日の生活用)とで分けて使用されていました。

ここで展示されている道具はまさに客人をもてなす用の道具です。

第3展示室「室礼(書院飾り)」

「室礼」とは「しつらい」と読み、これの意味するところは「部屋を飾り立てる」ことです。
しかし単純に部屋を飾り立てるのではなく、目的やテーマをもって部屋を飾り立てます。
例えば、四季の彩りを表現する場合は、四季の木々や草花を用いて飾り立てます。

室礼は飾るだけなので簡単そうに見えますが客人をもてなす際、極めて重要度が高いもので、例えば素朴な造りのキン肉ハウスのような茶室であったとしても室礼の飾り方1つで、その人の人柄や人格、文化人として格が付けられたほどです。

知っていますか?

現代でも室礼を教えている教室があることを。ご興味が湧いた方は是非!1度調べてみてください。

第4展示室「式楽と能舞台」

ここでは能舞台で使用された舞台道具や衣装(能装束)、舞台の装飾品を観ることができます。

式楽(しきがく)」とは、単純に平安時代から伝わる「雅楽(ががく)」のことを指しますが、江戸時代の「武家の雅楽」とは、江戸幕府の命令で「式楽」と呼称が改められています。

以降、武家においては「式楽」が催されるようになり、日本各地の大名家では必ずと言って良いほど能舞台が設置されていたようです。

このような式楽は3代目将軍「家光」の頃から定められたと言われており、4代目将軍「家綱」の頃には最盛期を迎えています。

第5展示室「奥道具」

奥道具とは、単純に大名家が日々の生活の中で使用していた道具になります。

大名家には「表道具」と「奥道具」が存在し、表道具が客人をもてなす用、奥道具が日々の生活用として分けられて使用されていました。

ここにはちょっとした面白い物も展示されていて、大名家に嫁ぐ際に姫君が持参した婚礼の調度品なども観ることができます。

第6展示室「王朝の華」

ここでは国宝「源氏物語絵巻」が紹介されています。

源氏物語と言えば学生時代に学んだ紫式部(むらさきしきぶ)が編纂した巻物として有名です。

源氏物語絵巻は後世において世にたくさん出回りましたが、ここで展示されている源氏物語絵巻は日本史上もっとも古い時代に描かれた絵巻物であると伝えられています。

ここで展示されている源氏物語絵巻の制作年代は不詳とされていますが、おおよそ鎌倉時代初頭あたりではないかと推測されています。

現在の日本における「国宝指定の源氏物語絵巻」は4巻あり、その内3巻がココ徳川美術館に収蔵されています。スゴぃ!まことアッパレじゃ!..のホホホ。

第7・第8・第9展示室(旧本館)

徳川美術館の第7・8・9の展示室とは、徳川美術館・新館に接続された旧本館(南収蔵庫)の中の展示室になります。

つまり新館と中で繋がっていますがまったく別の建物になります。

徳川美術館・「旧本館・南収蔵庫(重要文化財)」

建築様式(造り):切妻造
屋根の造り:本瓦葺
設計者:吉本与志雄
施工者:竹中工務店
管理運営(所有者):財団法人 徳川黎明会
発願者:徳川義親

現在の旧本館(南収蔵庫)の姿は1935年(昭和10年)に造営された当初のままの姿であり、主に期間限定の企画展や特別展での展示室として利用されています。

すでに上述していますが、旧本館(南収蔵庫)は1987(昭和62年)の大改築の際に展示室7.8.9(特別展示室・企画展示室)として名称が改められています。

茶室

徳川美術館の敷地には以下のような2つの茶室があり、いずれも茶室は2014年10月7日に国の建造物登録有形文化財の指定を受けています。

茶室「心空庵(山の茶屋)」

造営時期不明(推定:大正3年)昭和37年に現在の場所に移築。

茶室「餘芳軒」

同じく造営時期不明(推定:昭和中頃)昭和48年に現在の場所に移築。

広さは心空庵が4畳半、餘芳軒が10畳ほどの数奇屋造りの平屋木造建造物になります。

ちなみに「数奇屋造り」とは「数奇(すき)」という語源に因むものです。

「数奇」とは現代で言う「好き」のことであり、つまりは「趣味を楽しむ」などの意味合いがあります。

このような「数奇」という言葉が世間に広く認知されるようになったのは、室町時代の中頃からだと云われております。

そしてこのような数奇を楽しむ人を「数奇人」や「茶人」と呼称し、これらの人物が自らが好んだ風情を盛り込んだ造りの建造物こそが「数奇屋造り」になります。

しかし残念ながら、これらの茶室は一般公開はしておらず、春に催される「名香鑑賞会」か秋の「徳川会」という茶会でのみ見学することができます。

宝善亭

宝善亭は2010年にオープンした比較的新しいお店で和風建築の2階建ての和食レストランになります。

ここでは、大名が食べていたような豪勢な和食を食べることができます。

宝善亭のメニューの特徴は、小鉢がたくさんあり、その小鉢に様々な和食の惣菜が盛られています。

事前に予約ができるようですので、どうしても立ち寄りたい方は是非!電話して予約をしてみてください。

土日の昼時ともなると混雑必至で待ち時間が発生するようです。

オススメのメニューは「御前」や「小箱」と名の付いたメニューです。(いくつかあります。)

「御前」や「小箱」が付くメニューは、その昔お殿様が実際に食していたような豪勢で殿なメニューになっています。

味としては「正月のおせち料理」を食べている気分です。

薄味の小鉢もあれば濃い味付けの小鉢もあり、それぞれ味に特徴があってとても美味です。

会席風の日本料理になりますので値段は少し高く、「御前」「小箱」で約2000円から3000円くらいです。

会席風の日本料理は「量」というよりは、味を楽しむ「質」になりますので、ガッツリとドテッ腹へブチ込みたい方は、よくよく検討された方が良いかもしれません。

ちなみに「宝善亭」というネーミングは第14代目尾張藩主「徳川慶勝(とくがわ よしかつ)」が考案された名前だそうです。

宝善亭のお問い合わせ先

住所:愛知県名古屋市東区徳川町1017
電話番号:052-937-0147
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休


スポンサードリンク -Sponsored Link-






徳川美術館の見学所要時間

見学所要時間(滞在時間)は、その人の性格や、観覧方法によって様々ですが、おおむね1時間が目安です。

ただし、館内にある上述の「宝善亭」などでお昼の食事をされる場合はそれ以上必要になります。

また、徳川園や蓬左文庫へも立ち寄られる場合は、さらに時間がプラスされます。

ちなみにこれは目安となりますが、これらの所要時間を合算すると、おおよそ3時間から3時間半が目安です。

徳川美術館の館内図

画像引用先:徳川美術館

徳川美術館のお問い合わせ先

住所:愛知県名古屋市東区徳川町1017
電話番号:052-935-6262
FAX :052-935-6261
営業時間:午前10時から午後5時まで
定休日:月曜日
URL:http://www.tokugawa-art-museum.jp

その他、美術館の隣には「蓬左文庫(ほうさぶんこ)」という展示室も連なる形で併設されています。

蓬左文庫

蓬左文庫とは「ほうさぶんこ」と読み、早い話が尾張藩の書物を収納しておくための倉で、かつては名古屋城内にありました。

蓬左文庫も徳川美術館と同じ昭和10年に開館しましたが、蓬左文庫だけは東京の徳川家江戸邸に造営され、東京で開館を迎えています。

しかし1945年(昭和20年)に突如、名古屋をおそった「名古屋大空襲」によって僅か10年足らずで閉館することになります。

ただ見方を変えれば蓬左文庫に収蔵されていた数々の貴重な書物が、焼けずに難を逃れて幸いであったともいえます。

その後、昭和25年に徳川美術館の隣に建っていた「蓬左文庫の書庫(旧・蓬左文庫)」へ、東京からすべての書物が移され、この名古屋の地で再び開館し、現在に至っています。

尚、現在の蓬左文庫は徳川美術館とつながっており、館内を出ることなく行き来できます。

ちなみに蓬左文庫の「蓬左」の意味ってお分かりになりますか?

蓬左文庫の「蓬左」の意味と由来

蓬左文庫の「蓬左」とは、名古屋城の別称「蓬左」になぞらえたものです。

では名古屋城の「蓬左」の意味とはなんぞや?・・ということになりますが、これは同じ名古屋に位置する熱田神宮(あつたじんぐう)の別称になぞらえたものです。

熱田神宮は江戸時代以前から神聖視されており、中国で仙人が住むとされる山「蓬莱山」になぞらえて「蓬莱宮(ほうらいきゅう)」と呼ばれていました。

そして名古屋城は、蓬莱宮(熱田神宮)の左方向に建つ城ということで「蓬左城(ほうさ)」と呼称されていました。

蓬左文庫に所蔵されている「驚愕の本の数」!!

1616年(元和2年)に徳川家康公が駿府城にて亡くなられた際、家康公の遺品が徳川御三家(水戸・尾張・紀伊)に分配されて下賜されました。

これらの品々は上述した甲冑・刀剣、調度品などの品々とその他、多くの書籍や古文書も下賜されています。

現在、この蓬左文庫には尾張藩に伝わる家康公伝来の書物が約3000冊も収蔵されています。

この尾張藩はかなり学問にも力を入れていたようで版籍奉還(はんせきほうかん/藩が支配していた土地や人民の籍を朝廷(天皇)に返すこと)を迎える頃には、なんと!約5万冊ほどの書物が収蔵されていたようです。

その後、順調に書物は増え続け、どういう訳か、なんと!現在では5万の倍となる約11万冊もの本が収蔵されているじゃ・・あ、あ~りませんか!..何故にふ、増える?

蓬左文庫の館内図

画像引用先:蓬左文庫

蓬左文庫の楽しみ方と見どころ

閲覧室

蓬左文庫はその名前の通り、文庫なので本を主体にした展示物になります。

古文書や絵巻物などに興味の無い方には、少し重苦しい雰囲気かもしれません。

この閲覧室には、15000冊の古文書が収蔵されており、パソコンで閲覧申請を行えば自由に閲覧ができます。

ちなみに蓬左文庫に収蔵されている本はほとんど、当時では入手不可能と言えるほどの貴重な文献であり、これらの本の中には数点、国の重要文化財指定の書籍もいくつかあります。

ここで言えることは、家康公の力(権勢)が当時どれくらいのものであったのかが、本の重要度をみて感じ取ることができます。

展示室

館内は古文書だけではなく、徳川美術館と同様に1部の大名道具の展示も観ることができます。

映像ルーム

ここでは源氏物語の詳しい説明を11分の映像を用いて聞くことができます。

旧・蓬左文庫(エントランスホール)

蓬左文庫の最大の見どころと言えるのが、蓬左文庫の建物「旧・蓬左文庫」です。

この建物は明治33年に建築された建造物であり、1953年(昭和10年)に上述の徳川義親によって改築され、つまりは明治33年頃の建築ということで国の建造物登録有形文化財の指定を受けています。

ただし、すでに上述しておりますが、昭和25年に東京・江戸邸にあった蓬左文庫から書物がすべて移されきて「名古屋市・蓬左文庫」として現在に至っています。

蓬左文庫の見学所要時間

蓬左文庫は普通に滞在するだけですと、30分ほどです。

ただし、本を閲覧すると当然、その分の時間がプラスされます。

あらかじめ、読みたい本を決めておくのが賢明です。

参考

  • 蓬左文庫・蔵書検索URL「http://housa.city.nagoya.jp/search/

蓬左文庫のお問い合わせ先

住所:愛知県名古屋市東区徳川町1001番地
電話番号:052-935-2173
FAX : 052-935-2174
営業時間:午前9時~午後17時30分まで
定休日:月曜日
URL:housa.city.nagoya.jp

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ