【これ10選!】フライトオブドリームズのお土産(グッズ・お菓子)!人気おすすめランキング

スポンサードリンク

【これ10選!】フライトオブドリームズのお土産(グッズ・お菓子)!人気おすすめランキング

フライトオブドリームスには、ボーイング社の公式ストアが館内1階「フライトパーク」の出口の前に入店していますが、なんとぉぅ!ボーイング社の公式ストアとしては日本初上陸ということなので日本第一号店になります。

ボーイング社の公式ストアということでどんなものかと、鼻息あらく期待をあらわにする方もいると思いますが・・、期待は裏切りませんでした!

ものスんゴ〜くっ!風変わりなグッズも置かれているでゴザんす!

以下では、このフライトオブドリームスのお土産を人気おすすめランキング10選でご紹介したいと思います!

来館される際はぜひ!参考にしてみてください。

※以下一部画像「フライトオブドリームズ」提供

【第10位】シャーペン&ボールペン

「BOEING」のロゴが、あしらわれたシンプルなシャーペンとボールペンです。機能的にはまったく問題ありませんが、150円くらいで文房具屋でみかけるようなシャーペンとボールペンです。

店内にはここでご紹介したシャーペンやボールペン以外にも、まだほかにいくつか種類があります。

お土産をたくさん用意する必要がある人は、安価で外れのない定番のお土産としてシャーペンとボールペンはいかがでしょうか?

  • 値段:734円(1本)

【第9位】トートバッグ

スーパーに行ったら食材などを入れる袋をもらえますが、最近のスーパーは環境保全の一環だとかでお金を払ってビニール袋を購入することになっています。

そこで最近、話題を集めているのが「トートバッグ」です。これだとお金を出して袋を購入する必要もなく、環境保全にも役立ちます。

写真のトートバッグは「BOEING」のロゴが描かれたシンプルぷるぷるピュぱっぱ・・的な極ありふれたシンプルテイストなデザインのトートバッグになりますが、他に虹色の機窓(大サイズ)と飛行機と飛行機雲を描いたストライプ(小サイズ)のデザインのものがあります。

  • 値段:1998円(機窓:2,916円、ストライプ:1,998円)

【第8位】MA-1フライトジャケット

飛行機といえばパイロットやスッチー(スチュワーデス/CA)をイメージしますが、パイロットで連想するのがカッコいい=米軍です。

その米軍といえばグラサンにMA-1のJKを羽織った勇ましい姿の兵隊をイメージしますが、MA-1JKをお土産として持ち帰ることができるというのはまさにボーイングならではないでしょうか。

このフライトJKはボーイングのロゴが左胸にデザインされたボーイング社オリジナルの本格仕様のMA-1JKです。

色はブラックとグリーンの2色展開です。

服の素材は通常のMA-1JKと同様に強化された分厚いナイロン素材が使用されているので頑強で破れにくく強度はあります。

  • 値段:8,424円

【第7位】飛行機型ホッチキス

いつものありふれたホッチキスの姿形を大きくイメチェンしてみたくないですか?

ホッチキスといえば上下にカパっと割れるシンプルかつスリムな筐体が定型として広く認知されていますが、飛行機の形のホッチキスというのはおそらく見るまでイメージすらできなかったと思います。

これを機にいつものホッチキスきすブちゅ・・をぜひ!換えてみませんか?そして私とともに愛を語り合いましょう。..意味不明

  • 値段:1296円

【第6位】飴(缶入りキャンディ)

真っ白な下地の中央にボーイング727機(だと思われる)が黒色で中央に描かれ、周囲を青と赤のストライプで囲い込んだ実にカラフルふるふるコノヤロー的なデザインの「金太郎飴」になります。

この商品のコダワリが見える部分というか、アイディアが見える部分として、なんと!フタの中央がカパっと外れてマグネットとして二次利用できるという点です。

フタの上部中央には「BOEING」のロゴがデザインされ、中央のマグネットとなる部分にはボーイング727が大空を滑空する雄姿が描かれています。

  • 値段:各864円

スポンサードリンク -Sponsored Link-






 カード型USBメモリ

同じく「BOEING」のロゴがデザインされた「カード型USB」はスーツやカバンの片隅に忍ばせるように簡単に入れられて、スッと取り出すことができるスグレモノのUSBメモリです。

会社勤めで頻繁にPCを利用する友達や家族、親戚に喜ばれそうな逸品です。

  • 容量:4GB
  • 値段:2,376円

 フライトオブクッキー

全部で4種類のボーイング727機がカラフルな感じでデザインされたクッキーになります。

残念なのがたった10枚しか入っていないということですが、クッキーとしての味はもとより、何よりカラフルふるふる、またこれかぃ・・的なデザインが受けること間違いなさそうです。

・・こホンっ!

食べるのがもったいないので部屋の壁や殺風景な便所の壁にでも飾っておきたくなるほどです。(残念ながら一応、賞味期限があります)

  • 値段:864円(1つ)

 飛行機型ペーパークリップ

昨今、クリップの形状を加工して巧みに形状を変化させているクリップを、大手文房具屋さんなどで見かける機会が多く散見されますが、これもまたナイスなアイディア商品と呼べるのではないでしょうか。

このクリップも同様になんと!ボーイング787機?の形状、つまりは飛行機の形状に加工されている世にもめずらしいクリップです。

話は少し逸れますが、奈良・正倉院展の公式グッズの1つに、正倉院宝物の1つである「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)の形に加工したクリップ」を物珍しさに購入したことがありますが、このクリップを見た瞬間、迷いもなく購入したときと同じような感情が湧き起こりましたね。

親戚のお子さんへのお土産や、家庭で待つ子供さんへのお土産としては最適ではないでしょうか。

  • 値段:756円(1缶)

 缶入りチョコクランチ

ボーイング特製のチョコクランチです。クランチの包装袋もボーイング(飛行機)が並列状に無数にデザインされたアルミのビニール袋に封入されています。

味はチョコレートの味が少々強く感じますが、・・普通のチョコクランチです。硬さも噛んだ感触も・・普通のチョコクランチです。

ただ、お土産にするには無難でミスがない商品だと言えます。

特に目を引くのがチョコクランチが入っている「BOEING」のロゴや飛行機の機体、それと窓がデザインされた「缶」です!

入れ物にしたりインテリアにしたりと二次利用できてそれなりに喜ばれそうな逸品です。

  • 値段:864円(1缶)

 フライトオブゼリー

なんとぉぅっ!世にも珍しい!サイダー味のその名も「空飛ぶゼリー」の登場でゴザんす!

ゼリーの底部分にボーイング(飛行機)の形がデザインされた白色のゼリーも混入されていることから、さながら大空を自由に滑空するボーイング787といったところです。

この神秘的かつ、透き通るようなブルー色と、中央にマンタ・・ではなく白い機体の飛行機を描いた芸術的かつ、清涼感満載のフォルムがなんとも言えません。

夏い暑になれば冷凍庫で凍らせておいて、庭仕事が終わった後やプール帰りにムシャぶりつく姿をちょっと想像してみてください。夏のお土産としては最適でしょう。

航空会社ならではの発想に基づいた実に面白いデザインのゼリーだと思いますがね。オホ

  • 値段:648円(1箱)

【アンコール】プラスチックタンブラー

ボーイング社の公式ショップはアメリカ・シカゴにもありますが、このプラスチックタンブラーは日本のボーイング社のみのオリジナルデザインのタンブラーになります。

タンブラーの中央に「BOEING」の文字があるタイプや、飛行機の窓が描かれているタンブラー、飛行機がタンブラーという大空を飛行機雲を描きながら飛び回っているデザインのものなど現在4種類あります。

ボーイングのショップの店舗数自体、極めて少ないことから商品自体がレアであり、「BOEING」のロゴだけでオシャレ感が漂います。

ドクロが腐ったような腐臭ただよう監獄のようないつものクソ部屋を一転させる目的でお1ついかが?

  • 値段:各デザイン1つ940円

とてつもなく高価だけど「こんな風変わりなお土産」も・・

店内には以下のようなボーイング787機で実際に使用されていた機材や部品なども販売されています。

こういった実際に使用されていた機材や部品などが店頭に並べられていること自体、ある意味ボーイングのお店そのものもフライトオブドリームズの大きな見どころと言えるではないでしょうか。

ギャレーカート

スッチー(スチュワーデスさん)が機内食やドリンクなどを収納して、カラコロと押しながら客人の待つ座席へ持ち運ぶためのカートです。

実際にボーイングで使用されていたカートであり、なんでもボーイング社が特注で発注したカートになるようです。

つまり、世界広しと言えど、ボーイング社のショップでしか買えない逸品でもあります。

ちなみにカートはすべて新品での販売です。中古品ではありませんので超マニアックなファンの方はご注意を。オホ

  • 値段:275,400円(1台)

727機のコックピット計器

ボーイング727号機のコックピットで実際に使用されていた計器です。

  • 上部:排気温度計
  • 下部:エンジンコンプレッサ回転数計

ちなみにこの計器はコックピット内に数ある計器の中のほんの1つです。(下記↓写真参照)

⬆️写真はボーイング737機のコックピット

排気温度計とは、エンジン部の熱を計測するための温度計です。

特にターボチャージャーなどは1000度近い熱を持つことからこのような温度計が付けられています。

「エンジンコンプレッサ」とはエンジンの入口あたりに装着された、滑走路での高速走行する際に最重要となる駆動部の1つです。燃焼サイクルの効率を最大限に高め、短時間で自立運転ができるようにするのが大きな役目です。

  • 値段:135,000円(1つ)

727機のギアを使用した時計

ボーイング727機に実際に装着されていたギアを時計として再利用したアイディア商品です。ボーイングファンであれば生ツバごっくんものの喉から手が出るほど欲しい一品??

確かにボーイングファンでなくとも、インテリアとして捉えても一味違った趣があり、程よいアクセントになります。

濃いいぶし銀を漂わせたい愚か者は是非!

  • 値段:151,200円(1つ)

727機のF4 ファントムⅡパネル

ゼネラル・エレクトリック社製の「J79エンジンのブレード」をオブジェに仕上げた逸品です。F-4戦闘機「ファントムⅡ」に実際に装着されていたものです。

「ブレード」とは分かりやすく言うと、飛行機の羽根の下に付いているグルグルと高速で回転する扇風機・・あイヤイヤ「タービン(エンジン)」!!に取り付けられている部品の1つです。

タービンを間近で見た人は少ないと思いますが、実は写真のような細長の扇状の形状をしたブレードが幾つも重ねるように付けられています。

このブレードを円形に組み合わせてタービンに仕立て上げ、さらに高速回転させることで空気を圧縮させ、結果的に滑走路での高速走行を実現することができています。

ブレードは高速回転することから高強度の耐熱合金が使用され、それだけの合金となると加工が難しいことから、必然的に加工料や材料費などの値段も高くなります。

飛行機のエンジン1つが何十億円とするのはこのような部品が幾つもあるためです。

  • 値段:216,000円(1つ)

フライトオブドリームズではクレジットカードは使用できるのか?

フライトオブドリームズでは以下のような種類のクレジットカードが使用できます。

電子マネーWAON、楽天Edy、iD、QUICPay、交通系IC、ユニオンペイ(銀聯カード)、アリペイ(支付宝)、ウィチャットペイ(微信支付)

フライトオブドリームズの入場料金・営業時間・定休日

フライトオブドリームズの入場料金・営業時間・定休日については下記ページをご参照ください。ウフ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ