熱田神宮・龍神社

スポンサードリンク

熱田神宮・龍神社

熱田神宮・龍神社

創建年

  • 不明
再建年

  • 1955年(昭和30年)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入
  • 掘立柱
    ※神明造り
材質

  • ヒノキ
屋根の造り

  • 銅板葺
千木の形

  • 内削ぎ
鰹木の数

  • 6本
御祭神

  • 吉備武彦命
  • 大伴武日命
社格

  • 熱田神宮・摂社

熱田神宮・龍神社の読み方

熱田神宮の境内は、読みにくい名前の社殿や御祭神がお祀りされていますが、龍神社は「りゅうじんしゃ」と読みます。

熱田神宮・龍神社の御祭神「吉備武彦命」「大伴武日命」

熱田神宮・龍神社は「吉備武彦命(きびたけひこのみこと)」と「大伴武日命(おおともたけひのみこと)」の2つの祭神をお祀りしている社です。

吉備氏と大伴氏とは?

吉備武彦は、日本書紀において古来の英雄・日本武尊の東国征討に従ったと記される人物です。

日本武尊の指示で「越の国(こしのくに)」に向かい、情報を収集し、情勢を見極め、つかんだ情報を美濃で待つ日本武尊のもとへ伝えました。

  • ※越の国とは=福井県北部から山形県南部の広大な地域のこと。

その後、日本武尊が病に倒れると彼の遺言を聞き、時の天皇である「景行天皇(けいこうてんのう)」に伝えたとも言われています。

大伴武日は日本書紀において、大伴連の子孫で吉備武彦と同じく日本武尊の指示により、東国征討に従い、蝦夷を制圧したと記されています。

龍神社に「吉備武彦命」「大伴武日命」が祀られている理由

この2柱の神様とも、日本武尊に付き従い、武尊と国のために働き、多大な尽力した神様です。

そんな2柱の功績を称えて、日本武尊にゆかりの深い熱田神宮内に祀られているようです。

お社はシンプルな作りで木々に囲まれた中に構えられており、社の両脇には2柱神の御名が記された石碑が建てられています。

龍神社の建築様式(造り)

龍神社のお社の千木の形や鰹木の数を見ても分かりますが、龍神社でお祀りされている2柱の神様は、男性の神様にも関わらず「女性の神様の性格を示すお社の造り」となっています。

これは神剣・草薙の太刀にお宿りする熱田大神が、天照大御神であると言う説に基づいて造営されている、証拠の1つとなります。

熱田神宮・龍神社の場所

場所と本殿脇の授与所奥にある神楽殿のちょうど東奥に鎮座しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ