熱田神宮・西楽所

スポンサードリンク

熱田神宮・西楽所

熱田神宮・西楽所

創建年

  • 1686年(貞享3年)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入
屋根の造り

  • 桧皮葺
施工者

  • 岡部又右衛門(幕府専属・大工頭)
発願者

  • 徳川綱吉(江戸幕府・第5代目将軍)
祭事

  • 舞楽神事(5月1日)
  • 豊年祭(5月8日)

熱田神宮西楽所の読み方

熱田神宮の境内には、いくつか読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、西楽所は「にしがくしょ」と読みます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






熱田神宮・西楽所の歴史・由来

熱田神宮・西楽所は、1945年(昭和20年)に焼失してしまいましたが、元は熱田神宮の南門である「海蔵門(海上門)」の内側に、西楽所と相対する形で「東楽所」も存在していました。

なお、現在の熱田神宮には、「海蔵門(海上門)」はありませんが、かつては、この門の前は砂浜で、近くまで波が押し寄せていたことから「海上」と言う名が付いています。

西楽所は江戸時代の5代将軍徳川綱吉の時に建てられた、古い歴史のある貴重な建造物となっています。

熱田神宮の「幻の貞享の大造営」

実は、熱田神宮の境内は、江戸時代の1686年(貞享3年)に大造営が行われています。

その大造営こそが、熱田神宮の歴史上においても、最大規模の造営とも伝わる「貞享の大造営」です。

「貞享の大造営」では、造営以外にも熱田神宮の境内の社殿群がことごとく、修繕(造り替え)されており、東楽所と西楽所に関しては、この時に同時に新規で造営されています。

さらに、この時の大造営は、かなり大規模な工事であったそうで、大工の数も・・なんと!述べ1900人以上が働いていたそうです。

さらにその上、熱田神宮直属の宮大工は150名ほど居たと言う記録が残されていることから2000人を超す大工が、熱田神宮の広大な境内で働いていた事になります。..ショぇ~

なお、この「貞享の大造営」によって、それまで以前の社殿はすべて造り替わっており、この時の社殿群が明治時代(明治26年)まで残っていたものと云われております。

現在見ることのできる西楽所は戦争の戦火を逃れており、熱田神宮の境内でも数少ない江戸期に造営されたものです。

熱田神宮・西楽所の役割り

熱田神宮・西楽所01熱田神宮・西楽所の役割とは「楽(能・お神楽)」が奉納される場所です。

つまり、舞い踊るための「舞台」とも言えます。

古来では、東にも楽所があったと言うことは、東でも似たような役割があり、神事としての神楽などが奉納されていたはずです。

熱田神宮・西楽所の「祭典・神事」

主に5月1日に開催される平安時代から伝わる舞楽神事の際に、この場所で楽が演奏されます。

また、5月8日に開催される農業神事豊年祭では、西楽所に畠と田をイメージして作った模型が置かれます。

この模型が上手にできれば、その年は豊作となるというように農家の人は田畠の模型の出来栄えでその年の作柄を予想されます。

農業に従事する人を始め、大勢の参拝客でにぎわいます。

写真で模型を見ると、畠や田んぼだけでなく家や人まで再現されていてとても精巧な作りです。

熱田神宮・西楽所の場所

西門の鳥居をくぐり、正面に見える宝物館手前の参道を左に入り信長塀の向こう側に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ