熱田神宮・本宮(本殿)

スポンサードリンク

熱田神宮・本宮(本殿)

別宮・八剣宮

創建年

  • 不明
  • 推定:113年頃(景行天皇43年)
再建年

  • 1599年(慶長4年)
  • 1963年(昭和38年)
建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 平入
    ※神明造
屋根の造り

  • 銅葺
鰹木の数

  • 6本
千木の形

  • 内削ぎ
御祭神

  • 熱田大神
社格

  • 熱田神宮・本宮

熱田神宮・本宮の読み方

熱田神宮の境内には読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、本宮は「ほんぐう・もとみや・もとのみや」と読みます。

熱田神宮・「本宮(ほんぐう)」とは?

「本宮」とは、熱田神宮の主祭神である「熱田大神」の御霊をお祀りしたお社のことで、通常の神社で言うところの「本殿がある御垣内」に相当します。

本殿の手前には「拝殿(はいでん)」があり、その後方に「御垣(みかき)」があり、その内側に「門」「鳥居」があり、そのもっとも最奥に「本殿」が位置します。

熱田神宮・本宮

熱田神宮の御祭神である「草薙の太刀(熱田大神)」は、この「本殿」に祀られています。

熱田神宮の草創は113年頃(景行天皇43年)とされており、日本武尊の嫁である「宮簀媛(ミヤズヒメ」が、草薙の太刀を祭祀したことに始まります。

しかし、現在に至るような本宮がどのような過程でできたのか?どのような人物によって造営されたのか?・・などは不明とされており定かではありません。

尚、「本宮」に対して、神様の御霊を分けて(分神)お祀りするお社を「別宮(べっくう・わけのみや)」と称し、正門の西側に「八剣宮(はっけんぐう)」という別宮があります。

 熱田神宮・別宮八剣宮に関しての記述はコチラ

「尾張造り」から「神明造り」へ

第二次世界大戦により、神宮(伊勢)の恒例の行事である「遷宮」が一旦中止され、新たに第59回式年遷宮の造営が、ようやく昭和28年に開始されるに至ります。

時を同じくして、ちょうど熱田神宮でも、これまでの「尾張造り」の社殿から「神明造り」への造り替えが急務とされており、その用材の調達に四苦八苦していました。

しかしここで、1つの案が湧き出てくることになります。

カンの良い方であれば、すでに察したかもしれませんが、そうです。「神宮の遷宮後の古材」を使用すると言うアイデアです。

こうして、神宮の遷宮が終えた昭和29年に、いよいよ熱田神宮でも神宮の古材を使用した「初の遷宮」が敢行されることになります。

神宮の建つ三重県伊勢市から、大型トラック数十台と腕の立つ職人などが集められ、約1週間にも及ぶ資材の運び出しが敢行されることになります。

その後、遷宮は無事に事なきを得て、翌年の1955年(昭和30年)11月12日、皇室からの勅使が下向され「熱田神宮」として初の「遷宮式(祭)」が盛大に催されることとなります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






熱田神宮・本宮の建築様式(造り)

「神明造(しんめいづくり)」

神明造は、もとは原始時代の「天地根元宮造(てんちこんげんのみやづくり)」から発展した「高床式倉庫」から、さらに発展した「最も古い神社建築の様式の1つ」とされています。

しかし、現存する古の時代の建造物は少なく、むしろ明治時代以降に再流行した時の建造物が多く現存しています。

熱田神宮本宮が「尾張造」から「神明造」になったのも明治時代のことで、宮域中のほとんどの社殿にも、同様に神明造が採用されています。

熱田神宮・本宮の建築様式の特徴

「切妻造の屋根」

屋根の最上部から2つの斜面で形成されている屋根です。

神明造の屋根はほとんどが茅葺ですが、熱田神宮本宮の屋根は「銅葺」となっている点が特徴的です。

屋根の上部左右にある、角のように飛び出た「千木(ちぎ)」と、屋根の上に、入り口のある面と直角になるように置かれた「鰹木(かつおぎ)」は、神明造を始めとする神社の屋根の様式の特徴です。

これらは、もともとは屋根の補強のためのものだったと考えられています。

  • 鰹木は屋根を押さえつける役目・呪術的な役目
  • 千木は、屋根の最上の横木(棟)の補助・権力誇示・呪術的な役目

「平入り」とは?

屋根の斜面と平行な壁の面を「平」といい、この面に正面出入り口がある建物を「平入り」と呼称します。

「掘立柱」とは?

地面と柱との間に、土台となるものを敷かずに直接建てた柱です。

また、建物が高床式なので、社殿に上がるまでに長い階段があるのも神明造の特徴です。

熱田神宮の御祭神「熱田大神」

熱田大神は、三種の神器の1つ「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」を御神体とする天照大神(あまてらすおおかみ)のことだとされています。

しかしその実態は不明であり、記紀(日本書紀・古事記)といった古文書にも「熱田大神」の関連の記述が見つからないことから「謎の御祭神」として現世にまで伝承されています。

ただ、熱田神宮には「蓬莱信仰(ほうらいしんこう)」と言うものが存在しており、蓬莱信仰では熱田大神を中国の絶世の美女と云われた「楊貴妃(ようきひ)」を指しています。

この信仰が真実であるならば「熱田大神=楊貴妃」と言ったことになります。

 「熱田大神の正体」の関しては以下の当サイトの別ページにてご紹介しておりますのでソチラをご覧下さい。

えぇっ?!熱田神宮は過去「寺院だった?!」

これもあまり知られていませんが、熱田神宮の境内にはかつて大規模な「伽藍(寺院)」が存在していました。

この熱田神宮の中にあった寺院を「神宮寺(じんぐうじ)」と呼称し、この様子は室町時代の絵巻にも描かれています。

定かではありませんが、平安期から鎌倉期、そして室町期には熱田神宮の境内に神宮寺の一大伽藍が形成されており、これらの伽藍を総称して「蓬が島(よもがじま)」とも呼称していたようです。

「蓬が島」とはすなわち、上述の「蓬莱信仰」における熱田神宮の総称であり、熱田神宮の本宮を「蓬莱宮(ほうらいきゅう)」とも称していたようです。

この当時、熱田神宮にあった伽藍のお堂も1つや2つではなく、宮域中の至る場所にお堂が建立されていたようです。

尚、この伽藍の姿は現在では見ることは叶いませんが「蓬莱信仰」が実在した証として、現在も熱田神宮・宝物館には、当時の中国から伝来したとされる珍品(重要文化財)が安置されています。

熱田神宮の歴史に興味のある方は是非!参拝だけで終わらせるのではなく、宝物館や文化殿にも足を運んでみてください。ウフ

名古屋・熱田神宮の「歴史(年表つき)」

歴史
113年 草薙神剣を熱田に祀る(熱田神宮の起こり)
668年 新羅の僧、道行により草薙神剣が盗まれる※道行の舟が新羅へ向かう途中で難破し、剣は取り戻され、一時宮中に保管されました。
686年 草薙神剣が熱田神宮へ戻る
江戸時代 改修工事
1893年 遷宮の際に神明造へ改修
※それまで尾張造でしたが、この時に伊勢神宮と同様の配置・規模・造りに変更されました。
※遷宮とは、神社の本殿の改修工事などに際し、御神体を他の場所へ移すことです。
1935年 遷宮
1945年5月 空襲により焼失
1945年8月 御神体を飛騨一宮水無神社に疎開のため遷座させる。9月にお戻しする。
1955年10月 再建・遷宮
※再建には伊勢神宮の古用材が用いられました。
2007年10月 本殿の改修に伴う「仮殿遷座祭」
※御神体を仮の本殿に移す行事です。
2009年10月 「本殿遷座祭」
※御神体を本殿にお戻しする行事です。

【補足】用語集

「三種の神器」とは?

歴代の天皇が継承する宝物で、「八咫鏡(やたのかがみ)」「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」「天叢雲の御剣(あめのむらくものみつるぎ」と伝えられています。

天叢雲の御剣を熱田神宮では「草薙の神剣」と呼称しています。

鎌倉時代から室町期あたりまで、この熱田にまで権勢を誇っていた「北畠親房(きたばたけ ちかふさ)」は、三種の神器を指して以下のような言葉を残しています。

  • 「鏡」は「正直」を表す
  • 「玉」は自費..あ、イヤイヤ「慈悲」!を示す
  • 「剣」は「知恵」を司る

「御神体」とは?

神が宿り、神の象徴とされる神聖な創造物(石・木・水・火など)のことで「御霊代(みたましろ)」とも呼ばれます。

「天照大神」とは?

国土や山、海、草木を創造したとされるイザナギ・イザナミ両神の娘で「皇室の祖先神」であり「日本国民すべての母(祖)」と位置づけられています。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)」とも呼称します。

通常は天界にあらせられる大御神ですが、自らの分神を地上世界にある神宮(伊勢)へ鎮座されています。

「太陽神」という性格も併せ持っておられます。

古来、伊勢地方などでは「太一(たいいつ」とも呼称されていたようで、これは「北極星」のことを意味し、すなわち「万物すべての母」と言う意味合いになります。

熱田神宮・本宮の場所

本宮は、南門から入って最奥、境内の中心の後方(北側)に位置しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ