熱田神宮・日割御子神社

スポンサードリンク

熱田神宮・日割御子神社

熱田神宮・日割御子神社

創建年

  • 不明
  • 推定:紀元前427年から291年(孝安天皇49年〜孝安天皇102年1月9日)
再建年

  • 1291年(正応4年/鎌倉時代後期)
  • 1553年(天文22年/室町時代後期)
  • 1686年(貞享3年/江戸時代)
  • 1740年(元文5年/江戸時代後期)
  • 1927年(昭和2年)
  • 1963年(昭和38年)
建築様式(造り)

  • 一間社・流造
  • 平入
  • 堀立柱
  • 前方階段付き
屋根の造り

  • 銅葺き
御祭神

  • 天忍穂耳尊
社格

  • 熱田神宮・(境内)摂社

熱田神宮・日割御子神社の読み方

熱田神宮の境内には、難しい漢字の表記の社殿や御祭神がおられますが、日割御子神社は「ひさきみこじんじゃ」と読みます。

日割御子神社の名前の由来

かつて、日割御子神社が建つ当地は、昔は海岸のちょうど先端にあたる場所であったと云われており、熱田神宮の周りでは「弥生時代の貝塚」がたくさんの見つかっているそうです。

日割御子神社の「日割(ひさき)」という名称も、もとは「海岸沿い(洲崎/すざき)」に因んだ「干崎(ひさき)」という地名に由来しているとの言い伝えがあります。

日割御子神社の別名

日割御子神社には、別の名前が存在し、江戸時代には「日破宮(にっぱきゅう)」と呼称されておりました。

「日破」とは、占いの一種で1日の吉兆・凶兆を占う術のことです。

詳しくは、占いによって「ある方角」を出し、その方角の反対の方角で何かを行うと「破れ」と呼ばれる一種の「凶兆」が起こるそうです。

日割御子神社御祭神「天忍穂耳尊」

日割御子神社の御祭神は、天忍穂耳尊と言う名前の神様で、天照大御神の御子神にあたり、読み方を「あまのおしほみみのみこと」と読みます。

また、天忍穂耳尊には別名があり、「天忍骨尊(あめのおしほねのみこと)」と発するそうです。

更に「古事記」では「正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命」という長い名前があることも判明しています。

天忍穂耳尊は、天照大御神の子神であることから、皇位を継承することになっていました。

しかし、その皇位継承の準備中に自らの子供が生まれたので、その子に皇位継承を譲ったとされています。

なお、先代旧事本紀においては「尾張氏の遠祖」との記載が確認されています。

また、「尾張国式内社 明神大社・8社」のうちの1社でもあり、一説によると熱田神宮の本宮の創建よりも以前の創建であると伝えられています。

日割御子神社の歴史・由来・別名

日割御子神社の創建は不詳とされていますが、孝安天皇の御代であることが明らかにされています。

熱田神宮の社伝によれば以下の年数に修造の記録が残されています。

  • 1291年(正応4年/鎌倉時代後期)
  • 1553年(天文22年/室町時代後期)
  • 1686年(貞享3年/江戸時代)
  • 1740年(元文5年/江戸時代後期)
  • 1927年(昭和2年)

1927年(昭和2年)5月には社殿の修理が実施されていますが、太平洋戦争の戦災により焼失。その後、1982年(昭和57年)4月に再建されており、このとき再建された社殿が現在見られる姿です。ウフ

日割御子神社の建築様式・特徴

日割御子神社の大きな特徴としては、社殿が境内の神社の中でも、かなり大きめに造られています。

ここまでで察するに、熱田神宮の境内では、古代中国などの大陸から伝来した「占術」が度々、執り行われていたように思われます。

熱田神宮・日割御子神社の場所

境内の一番南、正門である南門の手前付近に鎮座しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ