熱田神宮・御田神社

スポンサードリンク

熱田神宮・御田神社

熱田神宮・御田神社

創建年

  • 不明
再建年

  • 1893年(明治26年・移築)
  • 1955年(昭和30年)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入
  • 掘立柱

※神明造

屋根の造り

  • 銅葺
材質

  • ヒノキ
千木の形

  • 内削ぎ
鰹木の数

  • 6本
御祭神

  • 大年神
神事

  • 6月18日(午前10時)
社格

  • 熱田神宮・摂社

熱田神宮御田神社の読み方

熱田神宮の境内の中には、漢字の羅列で読みにく名前の御祭神や社殿がありますが、御田神社は「みたじんじゃ」と読みます。

御田神社の御祭神「大年神」

熱田神宮境内の本殿右手にお社を構え、五穀豊穣の神様である「大年神(おおとしかみ)」が祀られています。

大年神は、須佐之男命の子神であり、弟神に宇迦之御魂神がおられます。

大年神の「年」という字には、穀物の「穂」がみのり、大きく成長するという意味があります。

古くから農業を主の生業としてきた日本人にとっては、豊作をもたらすこの大年神はとても大切に崇められていました。

年神迎え

大年神は正月に訪れるとされる「年神様」のことで、各家庭では大晦日の夜に年越し蕎麦を供え、翌、明けた正月元旦には「おせち料理」を神棚に供える風習があります。

これを「年神迎え」と言い、現代ではあまり見られなくなっていますが「年棚(としだな)」と呼称される年神様を祀るための神棚を設け、ここに「鏡餅」や「お神酒」を供えて翌年の豊作を年神様に祈願します。

熱田神宮・御田神社の歴史・由来・見どころ

熱田神宮は、1893年(明治26年)に、三種の神器を祀るお社であることから、伊勢神宮に次ぐ社格となっています。

その際、境外の1部の社殿を残してすべての社殿が、「尾張造り」の社殿から「神明造り」の社殿へと造り替えが行われています。

その際、境内の社殿の配置が若干、変更になっており、御田神社も現在の場所へと移設されております。

御田神社は、江戸時代までは「宝田社」「御田ノ御前」などと呼ばれていたようです。

6月18日には御田神社の神前にて御田植祭が行われます。

御田神社には玉苗(たまなえ)が供えられ、田歌に合わせて「早乙女」と呼ばれる巫女が、五穀豊穣を願って優雅に舞を踊ります。

早乙女の「緋色の袴」と「タスキ」を身にまとい「芙蓉の花かんざし」を頭に飾った、優美ないで立ちに思わず目を奪われます。..もぅ、恋しちゃうウフ

早巫女となった巫女

玉苗とは、早苗といって稲の芽が10cmほど成長した「稲」のことです。

玉苗を手に持って、今度は本格的に田植えが開始されます。

供えられた玉苗はその後、氷上姉子神社にある斎田に田植えされることになります。

昔は日本も天候不順による凶作で、飢饉が起きて大勢の人々が飢えで命を奪われた過去があります。

天候不順は人間の力ではどうにもならないので、やはり五穀豊穣の神様に頼っていたところは大きいのです。

熱田神宮・御田神社の場所

本宮を向かって見て右脇の神楽殿の奥に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ