熱田神宮・太郎庵椿

スポンサードリンク

熱田神宮・太郎庵椿

atuta 太郎庵椿

推定樹齢

  • 300年以上

熱田神宮・太郎庵椿の読み方

熱田神宮の太郎庵椿は「たろうあんつばき」と読みます。

樹齢300年以上という長い歴史のある「やぶ椿」の一種です。

やぶ椿は林の中に生息する樹木で主に10月から4月にかけて花を咲かせます。

花は基本赤色が多いですが、熱田神宮の太郎庵椿は薄紅の桜色をした淡い色の花径8センチ位の花を咲かせます。

そして、毎年おおよそ11月末から3月頃までが見頃となります。やぶ椿

熱田神宮の「太郎庵椿(やぶ椿)」は、全国的にもとても珍しい貴重な椿で、開花時期が長いので、長期間美しい花を見ることができるためお得な感じがします。

ちなみに、やぶ椿の花言葉は「わが運命は君の手にあり」・・つまり、自分の運命がどうなるかは自分次第といった意味合いになります。

何だか希望が湧いてきそうな言葉ですね。ウフ

「太郎庵」の意味と由来

実は、太郎庵椿の「太郎庵」のネーミングには意味と由来があります。

江戸時代の中頃、現在の名古屋市中区の古渡に住んでいた「高田太郎庵(藪下屋太郎兵衛)」という茶人が「やぶ椿」をこよなく愛し、「ひこばえ」を自宅の庭に植栽したことから、この名がつけられたと言われています。

尚、高田太郎庵がこの椿を愛好した理由とは、椿の花弁の形状が茶器のお椀に似ているからだと伝わっています。

太郎庵椿の花弁さらに、この椿を調査したところ、なんと!日本全国でもこの熱田神宮の当地にだけにしか自生しない種類の椿だそうです。

つまり、「やぶ椿の変種」と言うことになります。

「桜」などは開花してから散るまでの期間がとても短いので、チャンスを逃すと見頃を逃してしまいます。

しかし、太郎庵椿は開花期間が「10月から4月の約半年間」と長く、熱田神宮を参拝した折に見られるチャンスが多々あります。

熱田神宮・太郎庵椿の場所

「太郎庵椿」は、南門から入って左脇、別宮の境内の八剣宮の前あたりに自生しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ