熱田神宮・土用殿

スポンサードリンク

熱田神宮・土用殿

熱田神宮・土用殿

創建年

  • 1517年(永年14年)
再建年

  • 1542年(天文11年/室町時代)
  • 1971年(昭和46年)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入
  • 堀立柱
    ※宝庫造り(井楼組)
大きさ

  • 桁行:1間4尺4分
  • 梁間:3尺5寸5分
屋根の造り

  • 檜皮葺
発願者

  • 足利義稙
関連のある神事

  • 御田神社「烏喰の儀」

熱田神宮土用殿の読み方

熱田神宮の境内の社殿や御祭神は読みにくい漢字で表記されておりますが、土用殿は「どようでん」と読みます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






土用殿の「土用」の言葉の意味

土用殿の「土用」とは、古代・中国の五行思想において「四季を司る存在の意」とされていました。

正式な読み方は「土旺用事(どようようじ)」と発します。

日本では「土用の日」と言う言葉で親しまれており、主に「うなぎ」を食べる日として有名です。

五行とは、地球上に存在するすべての物は、火・水・木・金・土といった5つの元素(遺伝子構造)から成り立つと言う説のことです。

なぜ、熱田神宮で「土用」と言う言葉が使用された経緯は定かではありませんが、日本で「土用」と言う言葉を主に持ち出すのは、陰陽道であり、古来から陰陽道が絡んでいたとも推測できます。

熱田神宮の土用殿の役割り

熱田神宮の土用殿は、元々は三種の神器の一つ、熱田神宮のご神体である神剣・草薙の太刀(くさなぎのたち/みつるぎ)が、明治初頭(1893年/明治26年)の大改修(尾張造り⇒神明造りへ)まで安置されていた御殿です。

現在、ご神体で草薙の太刀は土用殿にはなく、正式な奉安場所に関しては諸説あるようですが、恐らく本殿に遷されて安置されているものと考えられます。

以上のことから、土用殿は宝物庫=倉庫の役割りを担ってる殿舎となります。

創建当初の土用殿の場所

熱田神宮の土用殿は、1517年足利義稙(あしかがのよしたね)の発願により造営されたと云われており、1542年に改修(再建)されています。

当初は、旧・本殿の東隣りに造営されていましたが、1971年(昭和46年)に現在の位置(元の位置)に移築されています。

つまり、現在みることのできる土用殿は、1971年(昭和46年)に移築された時の社殿になります。ちなみに1971年(昭和46年)の移築では、創建当初の様式に倣い、上材とも言える「赤身の杉材」を使用して再建されています。

土用殿の建築様式(造り)の特徴

土用殿は、材木を「井」の字の形に組んで積みあげてから、四隅に切り込みを入れて木材を組み合わせる「井楼組(せいろうぐみ)」という建築様式が用いられています。

また、殿舎の足下は「堀立柱」となっており、ちょうど奈良時代に作られた正倉院と同じ「高床式の校倉造り」のような形式だと言われています。

土用殿の屋根の様式は、棟(むね/最頂部)から地面にむかって、2つの斜面が「本」を机に伏せたような形になる山形の屋根・「切妻造り」の屋根です。

屋根は「銅葺き」で葺かれていますが、これは1971年(昭和46年)に葺き替えられたものであり、それ以前の屋根の素材はヒノキの樹皮を幾重にも葺した(積み重ねた)桧皮葺(ひわだぶき)でした。

土用殿で執り行われる少し特殊な神事

熱田神宮の土用殿では、少し変わった神事が執り行われます。その神事が「烏喰の儀(おとぐいのぎ)」と呼称されるものです。

烏喰の儀烏喰の儀とは、同じ境内にある「摂社・御田神社」の神事であり、その内容は「神事を行うのか?行わないのか?」を運命付ける、少し変わった神事です。

この神事では、担当の神職が「ホ~、ホ~..ゴホっ」と言いながら、土用殿の屋根の上に「御食(供え物)」を投げるそうです。

投げた後、鳥が食べに来れば「凶兆」として「神事が取り止めにされる(中止)」と言ったものだそうです。

烏喰の儀の日程・時間・場所

  • 日程:3月17日
  • 場所:御田神社
  • 開始時間:14時から

熱田神宮・土用殿の場所(地図)

熱田神宮境内の神楽殿の北側に位置します。

関連記事: 熱田神宮・土用殿

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ