熱田神宮・千秋閣

スポンサードリンク

熱田神宮・千秋閣

千秋閣

竣工年

  • 1950年(昭和25年)6月25日
再建(修繕)

  • 1989年(平成元年)
建築様式(造り)

  • 数寄屋造り
  • 床畳敷
屋根の造り

  • 本瓦葺
材質

発願者

  • 熱田神宮宮庁

熱田神宮千秋閣の読み方

熱田神宮の境内には読みにくい名前の御祭神社殿がありますが、千秋閣は「せんしゅうかく」と読みます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






まず、数寄屋造りとは?

まず、数寄屋造とは「すうきやづくり」と読みます。

そして、茶室の建築様式(造り)を聞くと必ずと言って良いほど「数寄屋造」の名前が出てきます。

数寄屋造りの「数寄屋」とは、分かりやすく言うところの「個人の趣味や趣向で作った小さな家」のことです。

もとは、書斎と寝殿を中心とした「書院造り」が発端となっており、個人の書斎が時代を経て変貌したものが、この「数寄屋造」と言えます。

では「数寄屋」の「数寄」とはどのような意味になるのでしょう?

答えは「個人の趣味=歌詠み・茶道」のことです。

以上、ここでまでで個人の趣向のもとに造られた小さな家であることがお分かりいただけたかと思います。

熱田神宮・千秋閣の歴史・由来・建築様式など

熱田神宮の境内には、世にも珍しく茶室や茶席が多数、存在します。

そして千秋閣は、熱田神宮にある6つの茶席の1つです。

千秋閣は、熱田神宮の境内の勾玉苑の中にある「勾玉池」の畔(ほとり)に造営されています。

戦後すぐの昭和25年に建築されましたが、その後平成元年に改修されています。

茶室を取り入れた純・和風建築の数寄屋造りが特徴的な建物です。

数寄屋造りは茶の湯が流行した安土桃山時代から江戸時代にかけて、武家屋敷や城内の邸宅に用いられていた建築様式です。

「千秋閣」の名前の由来と用途

「千秋閣」の名前の由来は、熱田神宮のもと大宮司である「千秋家」に由来しています。

なんでも、千秋家の玄関先に源頼朝がお手植えしたとされる松の大木があり、その松を用いて造られたことがその名に由来しているそうです。

他の茶席同様に熱田神宮で毎月15日に行われる月次茶会の会場となっていますが、他にも各種茶席やイベントの会場としても活用されています。

中でも、熱田神宮で「みなも神殿」で挙式(神前結婚式)を挙げると、千秋閣で披露宴を行うこともできます。

結婚式や披露宴関連の雑誌にも紹介されており、話題となっています。

とても厳かで歴史を感じさせる雰囲気の中での結婚式、披露宴もとても素敵で思い出深いものになります。

熱田神宮・千秋閣での神前結婚式

熱田神宮の結婚式と聞けば、通常であれば「熱田神宮会館」の名前が挙がります。

しかしココ、千秋閣でも16名までの小ぢんまりとした小規模の結婚式なら、執り行うことができます。

注意点としては、会場を借り切れる時間は2時間制となっていることです。

その他、上記の16名と言う人数は、新郎・新婦とお子さんが居るのであれば、すべて含めた人数となっています。

挙式の費用や詳細は、下記までお問い合わせください。

千秋閣での神前結婚式のお問い合わせ先「熱田神宮会館・結婚相談室」

  • 電話番号:052-671-8777
  • 受付時間:平日10時~18時、土日祝9時~19時
  • 定休日:火曜日定休日(祝祭日を除く)
熱田神宮・千秋閣の場所

千秋閣は境内北西にある信長塀のすぐ南側に位置します。(勾玉苑の勾玉池のほとり)

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ