熱田神宮・八剣宮【熱田神宮 別宮】

スポンサードリンク

熱田神宮・八剣宮【熱田神宮 別宮】

別宮八剣宮

創建年

  • 708年(和銅元年/奈良時代)
再建年

  • 1291年(正応4年)
  • 1575年(天正3年)
  • 1599年(慶長4年)
  • 1686年(貞享3年)
  • 1963年(昭和38年)
  • 2013年(平成26年)12月1日※修造
建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 平入
    ※神明造
屋根の造り

  • 銅葺
鰹木の数

  • 4本
千木の形

  • 内削ぎ
御祭神

  • 熱田大神
相殿神

天照大神(あまてらすおおみかみ)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
宮簀媛命(みやずひめのみこと)
建稲種命(たけいなだねのみこと)

社格

  • 熱田神宮・別宮

熱田神宮・別宮八剣宮の読み方

熱田神宮の境内には、読みにくい名前の御祭神や社殿がありますが、別宮八剣宮は「はっけんぐう」「やつるぎのみや」と読みます。

また、「別宮」以外にも「下之宮(しものみや)」や「外宮(げくう)」とも呼称します。

「八剣宮」の名前の由来

八剣宮とは、一見すると「八本の剣」と読むことができ、本宮でお祀りされている神剣と意味深な繋がりを彷彿させますが、実際は「八本の剣」ではなく「八」は「弥栄」の「弥」と言う意味合いがあります。

「弥」とは、「弥栄(いやさか)」の「弥」と言うことで「ますますの繁栄」を意味します。

まとめると、かつてこの八剣宮では御神体である草薙の神剣が奉斎されていた経緯を鑑みて、御神体の益々の繁栄を祈願して奉安する御殿ということで「八剣宮」としていると位置付けることができます。

また、別宮とは本宮でお祀りされている草薙の御剣に宿りし、熱田大神の御霊を分けられたお社のことで、八剣宮には熱田神宮本宮と同じ神様が祀られています。

八剣宮の別名

この八剣宮はかつては以下のように呼ばれていたこともあったようです。

八剣神社

延喜式内においては「小社・愛智郡 八剣神社」の記述が見られます。

八剣明神

本国帳貞治本内の記述によれば、「正一位 八剣名神」の名前が見られます。

八剣大名神

同元亀本の記述によれば「正一位 八剣大名神」の名前が見られます。

「八剣宮」と呼ばれるようになったのはごく最近!

実は「八剣宮」と称されるようになったのは明治13年1月のことであり、それまでは時代の変遷により、上記のような名前で呼ばれいたとされ、古くは「別宮」や「外宮」、「下の宮」などと呼ばれていたこともあったようです。

熱田神宮・別宮八剣宮の内部構成

「別宮(べつぐう)/わけのみや」とは、本宮に次ぐ社格を備えた宮のことを意味しますが、そのことを証明するかのように、この八剣宮も本宮と同形式の宮域が存在します。オマケに斎行される年中儀式(祭典・神事)も類似していることからも本宮に次ぐ地位というのも理解できます。

まず、手前には拝殿があります。一般参拝者が神に拝する場所とのことで「拝殿」と呼ばれます。この拝殿に連接する形で外界との境目の壁として立つのが「外玉垣」です。

拝殿の奥には「内玉垣御門」が控え、この御門にはさらに瑞垣(みずがき)という壁が連接され、後方に位置する八剣宮の本殿を取り囲んでいます。

熱田神宮・別宮八剣宮の歴史

創建

八剣宮は708年(和銅元年)9月に、元明天皇(第43代天皇/女性天皇)の命により作られた新造された宝剣を祀るために建てられたのが八剣宮の草創と云われます。

このことは尾張初の官撰地誌である「張州府志(ちょうしゅうふし)」に記述が見られます。

当初は現在地よりも少し東側、もしくは南門(一の鳥居)をくぐってすぐの左脇に建てられていたようですが、明治26年に改築が執り行われており、このときに現在地に再建される形で移築されています。

祭祀に関しても、本宮で執り行われる祭典や神事の大部分が、別宮でも同じように行われております。

戦国時代

特に武士の信仰の対象となってきた歴史があり、織田信長、徳川家康、徳川綱吉らが、社殿の修造や建て替えをしたと伝えられています。

有名どころでは、1575年(天正3年)5月13日、織田信長は武田勝頼との命運を分ける「長篠の合戦(ながしのかっせん)」に赴く際に、中央からこの熱田神宮へ立ち寄り、戦勝祈願を兼ね、熱田の名工であり自身の懐刀の1人とも云われた「岡部又右衛門(おかべ またうえもん)」を総監督に任じて、熱田神宮の社殿全般の改修・造営を行ってます。

江戸時代

1599年(慶長4年)8月、徳川家康が浅野長政に命じて本殿・拝殿・回廊などを改修し、1601年(慶長6年)6月に屋根の葺き替え工事を実施しています。

1603年(慶長8年)7月、 今度は徳川家康公が直に発願し、八剣宮を再建しています。

1686年(貞享3年)、将軍・綱吉公の御代には幕府主導による大規模改修工事が実施されており、幕府からは修復奉行として「石丸定勝」「西山昌春」が送り込まれ、両名の指揮により工事が行われています。

同年4月8日に工事開始となる手斧始(ちょうなはじめ)の儀式が執り行われ、境内の社殿群、堂宇、門などの改修が逐次、執り行われ、同年7月9日には工事終了、7月21日に本宮およびこの八剣宮の遷宮が執り行われています。

大規模工事であるにも関わらずこのように約3ヶ月弱で終了できたのは、ひとえに綱吉公のお力によるものであり、おそらく大人数の大工が境内に集められて行われた工事だったことが想像につきます。

1839年(天保10年)1月19日には、八剣宮に奉安されていた御神体(草薙の神剣)を出自不明の謎の僧侶が盗み出し逃亡。その後、すぐに捕縛されて未遂に終わる。

明治時代

1868年(明治元年)6月には熱田神宮にとって大きな出来事が起こります。それまでの名称は「熱田社」でしたが、晴々、政府より「神宮号」が宣下されることになり、熱田社から→「熱田神宮」へと名称が改められます。

1893年(明治26年)に境内の社殿ほぼすべてと境外の社殿の一部が尾張造りから、「銅葺屋根」と「神明造り」を備えた社殿へと改造されています。

また、明治天皇が熱田神宮へ下向された折、内侍所(ないしどころ/三種の神器の神鏡)を当宮の渡殿に定めて仮泊しています。

昭和時代

しかし近世にさしかかり、三種の神器をお祀りした社殿であることが、ようやく公然と認められ、神宮(伊勢)とほぼ同列の社格へと格上げされています。

平成時代

2013年(平成26年)1月には、約80年ぶりとなる改修が行われています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






熱田神宮・別宮八剣宮の御祭神「熱田大神」

熱田大神は「あつたのおおかみ」と呼称し、熱田神宮本宮の御祭神と同じ神様です。

すなわち熱田大神とは、三種の神器の1つである「草薙の御剣(草薙神剣)」に宿りし「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」のことだとされています。

天照大御神は天孫降臨の際、弟の須佐之男命(スサノオノミコト)から献上された「天叢雲の御剣/あめのむらくものみつるぎ)」を、配下であり甥の「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」に預けています。

以降、天叢雲の御剣は、表舞台に出ることはなく「三種の神器」として宮中(皇居)で安置されることになります。

しかしその後、様々な経緯があり、皇居から外部へ持ち出さることとなり、最終的に「日本武尊(倭建命/やまとたけるのみこと)」の手に渡り、以降はこの熱田神宮において鎮まることになります。

熱田神宮の「本当の御祭神」とは?

熱田神宮の御祭神である「熱田大神」は謎多き神様として広く認知されています。

それもそのハズ、歴史上に「熱田大神」にまつわる由来・伝記など、ほとんどと言って良いほど記録に残っていないからです。

一説には、「饒速日(ニギハヤヒ)」とも目(もく)されておりますが、定かではありません。

しかし、熱田神宮の古来の社殿の造りやその歴史を鑑みるに、元来の御祭神は「尾張氏の祖先」であり、分かりやすく言うところの草薙の太刀に宿りし「日本武尊の御霊」を奉安している説が有力であると考えられます。

尾張氏(おわりし・おわりうじ)は、もともとは天照大御神の甥である「瓊瓊杵尊」を祖とし、その子孫が「尾張国造(おわりのくにのみやつこ・おわりこくぞう)」を名乗り、代々、熱田神宮の神官(大宮司)を歴任し「草薙の神剣」を守護するお役目を担っています。

日本武尊と尾張氏のつながりとは、尾張国造の祖先とも云われる「乎止与命(おとよのみこと)」の娘の「宮簀媛(みやずひめ)」を武尊は嫁にもらっています。

この時に尾張国造家の組織に与(くみ)し、宮簀媛の兄である「建稲種命(たけいなだねのみこと」を副将軍として自らの配下とし、実質上、尾張国造家の当主に着任しています。

この後に愛刀の草薙の太刀(草薙神剣)を帯刀せずに、嫁ハン(宮簀媛)に預けて近江(滋賀県)へ遠征に赴き、敵に毒をもらいます。

その後、この毒が原因で伊勢国・能褒野(のぼの)の地で命を散らしています。

一方、武尊の悲報を耳にした嫁の宮簀媛は嘆き悲しみながらも、武尊の形見とも言える草薙の御剣を祀り、現在の氷上姉子神社(愛知県名古屋市緑区大高町字火上山)が建つ地に熱田社(熱田神宮)を創建するに至っています。

ここまでで分かることは、天照大御神の御霊が草薙の太刀にもお宿りしていると言う説は、とても受け入れがたい説であると言うことです。

つまり、実のところは尾張氏が政治的な力を増大させる目的で「天照大御神」の御名を担ぎ出し、熱田神宮の社格を神宮(伊勢)と同格に引き上げる必要性があったからであるとも考えられています。

にも関わらず、あくまでも草薙の御剣は天照大神の御霊と定める理由は、日本武尊は実在しない人物とされているからに他ならないからでしょう。

えぇっ?!かつて八剣宮で草薙の神剣が収められていた?!

冒頭でも述べましたが、この八剣宮は元明天皇の宝剣を奉斎する目的で造営されたが創建になるのですが、一説ではこの宝剣は尾張氏(熱田社の社家)が製刀させた草薙の神剣の形代(かたしろ)だと言われています。

この理由は実のところ朝廷から本物の草薙の神剣が686年に宮中から、熱田神宮(当時は熱田社)へ送られており、その草薙の神剣が盗難にあったからです。

このとき尾張氏(熱田社の社家)が盗まれたのを朝廷に知られれば一大事と言うことで事実を伏せて、急ぎ製刀させたの上述の宝剣になります。

その宝剣をあたかも神剣であるかの如く取り扱うためにこの八剣宮なる社殿が造営されたということになります。

 

尾張氏の系統(田島氏、馬場氏)は権宮司家(祭主、祝師家、惣検校家)として祭祀権、社領経営権の     実質的な担い手となり、藤原姓の熱田大宮司が発祥

 

熱田神宮・別宮八剣宮の「建築様式(造り)」

熱田神宮・別宮八剣宮は、伊勢神宮や熱田神宮本宮と同じ「神明造(しんめいづくり)」の建築様式です。

年間の祭礼が本宮(本殿)と同形式で執り行われることからも理解できるように、本宮に次いで重要な社という位置付けもあり、本宮とほぼ同型の形状で造営されています。

以下のような特徴があります。

高床式の造り

神明造は古代の「高床式倉庫」を発展させたものとされています。

社殿に上がるには階段を上る必要があります。

屋根の造り

本を真ん中で2つに分けて、箱に覆い被せたような「切妻造りの屋根」となっており、屋根の垂れ下がる方向に入口がある「平入り」の造りとなっています。

神明造りの建物の屋根は、通常は「茅葺(かやぶき)」ですが、熱田神宮では「銅葺(どうぶき/材質:銅)」が基本となっています。

熱田神宮が「銅葺き」である理由とは、神宮のように「遷宮(せんぐう)=新築にする」が無いに等しいからです。

その理由とは「耐久度が必要になる」からです。

他にも、神宮と社殿の造りを全く同じにするのは「あまりにも恐れ多い」との理由があるものと思われます。

また、神社建築の特徴である「千木(ちぎ)」「鰹木(かつおぎ)」が屋根の上に備え付けてられており、千木は「屋根の上部左右にある角のようなもの」で、鰹木は「屋根の上に乗っている小さなパーツ」です。

ちなみに鰹木は、「鰹節(かつおぶし)」に形が似ていることに由来した名前であると言われています。

柱の造り

土台となるものを敷かず、地面に直接建てた「掘立柱」です。

神明造りでは「掘立柱」が基本の造りとなります。

熱田神宮・別宮八剣宮の場所

別宮八剣宮は、熱田神宮正門の西側にあります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ