熱田神宮・内天神社

スポンサードリンク

熱田神宮・内天神社

熱田神宮・内天神社

社格

  • 熱田神宮・末社

熱田神宮内天神社の読み方

熱田神宮の境内には、読みにくい名前の社殿や御祭神がありますが「内天神社」は「うちてんじんしゃ」と読みます。

熱田神宮・内天神社の歴史・由来

熱田神宮・内天神社に訪れると分かりますが、内天神社にはなんと!社殿がありません。

御垣に囲まれており、戸口(門)だけが前方にあるだけです。

御垣の内側には榊の木が自生しています。

おそらく、この榊の木が寄り代となって、御神木として神様がお宿りになっているものと思われます。

内天神と外天神

すでに、お気づきの方もおられるとは思われますが、熱田神宮には、「内天神」と「外天神」があります。

ちなみに「外天神」とは、菅原道真を神に祀る「菅原社」です。

内天神と外天神の由来については不明ですが、「学問」と「医学」と言えばド頭の回転が高速でないと成り立ちません。

すなわち、「知恵の神様」と言う点においては、2柱の神様とも同じように考えることができます。

熱田神宮・内天神社の御祭神「少彦名命」

「少彦名命(すくなひこなのみこと)」という医薬の神様が祀られています。

少彦名命はその昔、大国主命が国造りをする時に力を貸した小さな神様で「古事記」によると海の向こうの常世の国からやってきたと言われています。

体が小さくて性格はわんぱく、蛾の皮でできた服をきており、「ガガイモ」という植物できた小さな舟を持っているそうです。

少彦名命

薬の町・大阪道修町「少彦名命神社」の絵馬より

そして、自慢の小さな船に乗り込み、波に揺られながら島根県の松江のさらに右端に位置する港「美保崎(みほのさき/=美保関)」にたどりついたという説があります。

御祭神「少彦名命」の祖先

少彦名命は、出雲の「高皇産霊神(たかみむすびのかみ)」の御子神と云われております。

高皇産霊神の娘は、天照大御神の御子神である「天忍穂耳命(あまのおしほみみのみこと)」と、結婚したと言われているので、少彦名命と天照大神は親戚関係にあることが分かります。

少彦名命は、見た目が小さくて葉っぱの船に乗ってくる姿を想像すると、「一寸ぼうし」や「おやゆび姫」のようなイメージがあります。

でも「蛾の皮でできた服」というのはちょっと不気味な感じも受けます。

いったい、どんな服なんでしょ。オホっ

熱田神宮・内天神社の場所

熱田神宮・内天神社は、大幸田神社の南側に位置します。
内天神社は社殿がないのが特徴で、回りを垣に囲まれた内に、楠の木があります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ