熱田神宮・上知我麻神社

スポンサードリンク

熱田神宮・上知我麻神社

上知我麻神社

創建年

  • 不明
  • 推定:927年延長5年/平安時代)以前
再建年

  • 1949年(昭和24年)
建築様式(造り)

  • 流造風入母屋造
  • 唐向拝付き
  • 平入

※総檜素木造り

屋根の造り

  • 銅板葺
御祭神

  • 乎止與命
  • 事代主社(右脇)
  • 大国主社(左脇
神事

  • 毎年1月5日(初えびす)
  • 毎月5日(月次祭)
社格

  • 熱田神宮・摂社

熱田神宮上知我麻神社の読み方

熱田神宮の境内の中には、漢字の羅列で読みにく名前の御祭神や社殿がありますが、上知我麻神社は「かみちかまじんじゃ」と読みます。

また、上知我麻神社には別名があり「源太夫社(げんだゆうしゃ)」と呼称されています。

上知我麻神社が「源太夫社」と呼称される理由

熱田神宮には、古来から伝承される謡曲に「源太夫」と言う「謡」があります。

この謡のテーマでもあり、謡の内容で読まれている「源太夫」と言うのが、まさに上知我麻神社のことです。

従来から熱田の地は東海道の交通の要衝として、はたまた「宿場」として、古くは平安の後期から鎌倉初頭から栄えており、多くの人で賑わっていました。

ちなみに、ここでの交通の要衝とは陸上だけではなく「海上の交通」も含みます。

実は、上記の「交通の安全を祈願して多くの方が参拝に訪れる」と言った内容のことが、上記の「源太夫」の中で読まれているのです。

これらのことから、上知我麻神社は古来から人々に親しまれており、熱田神宮の中でも本宮に次ぐくらいの、格別なお社であることが理解できます。

ちなみに南の上知我麻神社と相対する形で、北の端に「下知我麻神社(しもちかまじんじゃ)」がありますが、この神社は「紀太夫社」と呼ばれ、上知我麻神社とは関わりの深いお社となります。

熱田神宮・上知我麻神社のご利益

  • 学問向上
  • 商売繁盛
  • 家内安全

御祭神の乎止與命は「知恵の文殊様」との別名もあり、学問の神様としても有名です。

毎年受験シーズンには、上知我麻神社に志望校合格を祈願して、大勢の人が参拝に訪れます。

左脇に大黒様である「大国主社(おおくにぬししゃ)」、右脇には恵比寿様である「事代主社(ことしろぬししゃ)」がお祀りされています。

上記、3つのご利益とは、まさにこれらの御祭神にちなんだものです。

熱田神宮・上知我麻神社の御祭神「乎止與命」

上知我麻神社には、商売繁盛や家内安全、そして知恵の文殊の神様である「乎止與命」が祭神として祀られています。

乎止與命の読み方は「おとよのみこと」と読みます。

「乎止與命」は尾張氏の祖先とされており、尾張国造(おわりこくぞう)でもあります。

また、尾張氏の血族である「建稲種命(たけいなだねのみこと)」は、日本武尊の懐刀として参謀を務めており、日本武尊と非常に関わりの深い人物でもあります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






熱田神宮・上知我麻神社の歴史・由来・見どころ

熱田神宮・上知我麻神社の創建は不詳とされ、境内にある2つ子社(末社)も同様に創建年が不明とされています。

ただし、927年延長5年)に編纂された延喜式にもその名が見られることから、少なくとも927年(平安時代)以前には存在したものと考えることができます。

また、熱田神宮に伝わる「熱田本社末社神体尊命記集説 (そんめいきしゅうせつ)」の記述によれば、「この神は熱田の地主の神だから・・」など、「熱田の地主の神」と記されていたり、

他にも「熱田宮旧記(あつたぐうきゅうき)」によれば、「この神は地主の神なる故に土地の人民所当を納め、海浜より大小の魚を貢進すべし・・」と、やはり「地主の神」の記述が見られることから、古くから当地の土地神として崇敬が寄せられていた背景が想像につきます。

創建当初は熱田区市場町にあった!

この上知我麻神社は、創建当初は熱田区の市場町に建てられていたようです。

しかし、昭和時代に入ると名古屋市の都市計画により、道路内に敷地が入ってしまったことから、昭和24年の12月25日に現在地となる「南参道出入口」の左脇に八剣宮などと並ぶ形で移築されることになります。

その後、1965年(昭和40年)12月25日に本殿が新造されており、正遷座祭が斎行されています。

毎年1月5日は、商売繁盛や家内安全、漁業豊漁を願う「初えびす」というお祭りが行われています。

この日はえびすの一番札をとり、福熊手を得ようと午前0時であっても、多くの参拝客が境内に押し寄せます。

えびすのお札には・・

  • 商売を営む方用の「あきないえびす」
  • 会社員用の「はたらきえびす」
  • 漁業従事者用の「とりえびす」
  • 職に就いていない方用に「ちからえびす」

の、4つのお札があります。

お札や熊手を授かることができたら、その年は良いことがありそうな気がします。

上知我麻神社・末社「大国主社」「事代主社」

上知我麻神社の境内には、大国主社と下記、「事代主社」と呼ばれる子社の位置付けとなる「末社(まっしゃ)」があります。

例年1月5日にはこの末社も含めた神事・「初えびす」が盛大に執り行われることで有名です。

上知我麻神社の神事・祭典

上知我麻神社の有名な神事として、赤ちゃんの名づけの際は神様から一文字頂く「名氏子(なうじこ)」という信仰が今でも有名です。

名氏子で名付けられた赤ちゃんが元気に成長したことを感謝する名氏子祭りという祭典が、毎年11月15日に行われています。

上知我麻神社でのイベント行事

太鼓教室

上知我麻神社の社務所では、太鼓教室を開催しています。

太鼓保存会会員」の先生に教わりながら、伝統の熱田太鼓を学びます。

練習は月に2回あり、他にも夏には合宿が催されます。

実力が付けば、熱田神宮の例祭である「熱田まつり」へ出場し、大舞台で太鼓を打ち鳴らすことができます。

日本全国的にも、太鼓の打ち方を教えてくれる教室は数少なく、かなり貴重でレアな体験ができるハズです。

 募集人数:30名
 参加資格(条件):小学生から高校生まで・男女を問わず。
 活動場所:上知我麻神社社務所(境内南側)
 活動日時:月2回・土・日曜日
 活動時間帯:各1回:14時~17時
 指導者:尾張新次郎太鼓保存会
 費用
・入会金:1,000円
・会費:毎月1,000円
・バチ代:2,000円(3本)

 お問い合わせ先電話番号:052-671-0852(熱田神宮文化殿)

上知我麻神社の建築様式(造り)

上知我麻神社の建築造りは一見すると、境外に建立されている「摂社・高座結御子神社」に造りが似ており、尾張造りと認識してしまいます。

しかし、上知我麻神社の大屋根は入母屋屋根となっていたり、建家の入口に唐破風が付いていますので、完全な尾張造りとは言えない建築様式となります。

上知我麻神社の御朱印

上知我麻神社 御朱印

上知我麻神社では、オリジナルの御朱印を授かることができます。

御朱印の初穂料は志納金となっています。平均的な初穂料(値段)は300円です。(100円でもいけました)

熱田神宮・上知我麻神社の場所(地図)

地下鉄伝馬町出口から出て、国号1号線沿いの熱田神宮・南の正門の鳥居をクグり抜けてスグの左脇に位置します。
前方に「太郎庵椿」と言う大きな椿の木が生い茂っています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ