熱田神宮・一之御前神社

スポンサードリンク

熱田神宮・一之御前神社

熱田神宮・一之御前神社
一之御前神社の写真・ビデオの撮影は禁止されています。 当サイトの写真は、お借りしてきたものです。
創建年

  • 不明
再建年

  • 1955年(昭和30年)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 平入
  • 掘立柱

※神明造り

材質

  • ヒノキ
屋根の造り

  • 銅葺
千木の形

  • 内削ぎ
鰹木の数

  • 6本
御祭神

  • 熱田大神荒魂(伝:天照大神荒魂)
社格

  • 熱田神宮・摂社

熱田神宮・一之御前神社の読み方

熱田神宮の境内は、読みにくい名前の社殿や御祭神がお祀りされていますが、一之御前神社は「いちのみさきじんじゃ」と読みます。

熱田神宮に伝わる「熱田大神宮御鎮座次第本紀」によれば、「一神前(いちのみさき)」、「熱田本社末社神体尊命記集説」の記述によれば、「一御崎(いちのみさき)」とも呼ばれていたようです。

「一之御前」の名前の由来

「一之御前」を分解すれば「一之」と、「御前」に分けることができます。

御前とは、神仏・貴人が座する場所の前など意味合いがあります。例えば善光寺や清水寺(京都)などを例にすれば、秘仏は見せられないので代わりに秘仏の前にオリジナル(当該、秘仏)を模した、いわゆるレプリカの仏像が祀られる例が多く見られます。

このレプリカの仏像を「御前立ちの御本尊」などと呼ばれます。

これに「一之(いちの)」が付されることから要約すると、『本宮の御神体の前に鎮座し、御神体を守護するための社=”御前”』であり、「本宮に次ぐ尊い社=”一之”」とも解釈できます。

現に、ウィキの記述によれば「熱田大神宮神体伝聞書」の中に「かつて本宮(本殿)の御神体(草薙神剣)は当宮に仮宮として奉斎されていた」などの一文が確認されるとのことから、これが事実であるならばその尊さの程が理解できるというものです。ウフ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






熱田神宮・一之御前神社の御祭神「熱田大神の荒魂」

一之御前神社の御祭神は、本宮に祀られている神剣・草薙の太刀にお宿りする熱田大神の荒魂(あらみたま)をお祀りしています。

荒魂とは、神様の穏やかな姿が和魂と呼ばれる一方で、時として荒々しい勇猛な姿を表現する魂のことです。

つまり天地事変を起こして病の流行を招いたり、人々の心を荒ませて争いへと導く働きをする神様の姿だと云われています。

以上のことから、神様を怒らせるとたちまち時代が動乱の世へと突入するということになります。

一之御前神社の意義

伊勢神宮内宮の「荒祭宮」、伊勢神宮外宮の「多賀宮」も同様に天照大御神の荒御魂をお祀りした社です。

一之御前神社もこれに倣い、天照大御神の荒御魂をお祀りしているとのことです。

一之御前神社の歴史と秘密

実は、この一之御前神社は、一般の参拝客がけっして目に触れることのない神域にある神聖な社殿でした。

これがどのようなことかと言いますと、通常は一般公開すらされない、立ち入り禁止の禁忌な場所に建立されているからです。

しかし、2012年12月からは祭祀1900年を迎えることも関係し、一般客の参拝も許可されることとなっています。

以上のことから、2012年12月までは一般人は誰ひとりとして、立ち入ったことが無かった禁足地であったと言うことになります。

なお、当神社が現在地に鎮座したのは1893年(明治26年)ことであり、この当時、熱田神宮境内の社殿の様式が、従来の「尾張造り」から→「神明造り」へ改められています。

それ以前の鎮座地は現在地とはまったく異なり、本宮を向かい見て南東の地に鎮座していたと記録されています。

江戸時代以前は境内「龍神社」と合祀されていた?!

熱田神宮に伝わる1686年(貞享3年)6月5日に熱田神宮大宮司宛に書き留められた「口上書」の記述によれば、江戸時代以前は境内の「龍神社」と相殿という形で合祀されていたことが明らかにされています。

一之御前神社の参拝時の注意事項

このような「超」が付くほど神聖な場所と言うこともあり、参拝はできるだけ心静かに行うように、そして写真やビデオ撮影、携帯使用、喫煙や飲食物、ペットの立ち入りなどを禁じる注意書き看板もあります。

最も尊い場所ということもあり、心を落ち着かせて安らかな気持ちでご参拝ください。

熱田神宮・一之御前神社の場所

本宮から左の「こころの小径」と呼ばれる道を北へ上がった、熱田神宮内でも最も奥まった神聖な場所に鎮座されています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ