熱田神宮・「ならずの梅」

スポンサードリンク

熱田神宮・「ならずの梅」

熱田神宮・「ならずの梅」

樹齢

  • 約400年以上
高さ

  • 約3m

熱田神宮・ならずの梅の名前の意味・由来

高さは大体3m位あります。

花は毎年きれいに咲くのに、未だかつて一度も梅の実を実らせたことがないことで有名となり「ならずの梅」と呼ばれています。

ならずの梅の由来・開花時期と見頃

この梅の木は、1529年(享禄2年/室町時代)の「享禄古図」にも描かれており、もとは海蔵門(南門のあたり)の左脇に自生していました。

その後、時代を経る中で西へ西へと移動して、現在の位置に収まっています。

開花時期は年によって異なりますが、おおむね2月の上旬から開花し始めて、毎年3月後半に梅の花が満開を迎えて見ごろとなります。

ならずの梅の名前の意味・由来と開花時期と見頃

ならずの梅の美しい姿

風情のある姿はとても美しく、思わず心を奪われてしまいます。

安永、天明の頃この梅の木を知る人々の間では「ひんやれ、宮の熱田のならずの梅はやれよいとやれよいと花はさけども実はならん」というように歌われていたと云われています。

実は付けないけれど、満開の様子を写真で見ると薄紅の梅の花が枝一杯に咲き乱れており、とても優美で美しく咲いていて思わず目を奪われるほどです。

たとえ実がならなくても、花がこんなに綺麗で見る人の心を和ますならば長年、熱田神宮の境内で大事にされるだけの価値はあると思います。

熱田神宮・ならずの梅の場所

熱田神宮・ならずの梅は、豊年祭が行われる西楽所の北側にある梅の木です。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ