熱田神宮で働きたい!熱田神宮の求人情報「神職・巫女さん」になる方法と「正社員・契約社員・パート・アルバイト」について

スポンサードリンク

熱田神宮で働きたい!熱田神宮の求人情報「神職・巫女さん」になる方法と「正社員・契約社員・パート・アルバイト」について

熱田神宮の巫女さんになる方法

熱田神宮の巫女一般的に巫女さんの募集年齢は高校を卒業した18歳の女性であり、定年は早ければ22歳で長くとも25歳という短期間でしか勤めることができない珍しいお仕事です。

※注釈※巫女さんの仕事は「勤務」とは言わず「奉仕」と言います。

特に資格は必要なく、男女雇用機会均等法の適用外であるため女性を指定した求人となります。

雇用形態は「正社員」「アルバイト(助勤)」があります。

巫女さんの主な1日の仕事内容

  • お札やお守りなどの「授与(販売)」
  • 境内の掃除
  • 授与所の準備
  • 祈祷の準備
  • 神主さん用のお茶の準備
  • 案内書の作成など様々な庶務

空いた時間を利用して14種類ある「舞」を練習し、古式ゆかしい所作(しょさ/動き方のこと)を身につけるための練習などを行います。

応募や面接の際の注意点として、アクセサリー類、茶髪やパーマ、時計、携帯電話、飲酒や喫煙が禁止されており、メガネすらも禁止されている神社もあるほど厳しい服装規定があります。

これらを踏まえて熱田神宮の巫女さんに応募する場合は、秘書室(052-671—0560)へご連絡ください。

熱田神宮の神職になる方法

熱田神宮の神職従来、社家(古くから神社を営んでいる家)の出身でないといけないという「不文律(ふぶんりつ/暗黙のルールのこと)」がありましたが、現在では神社に縁やゆかりがなくとも神職を志願することが可能です。

神職に就くためには國學院、皇學館両大学の神職資格取得過程を就学するか、熱田神宮学院(052-671−4153)などの神職養成所を有する機関にて神社本庁が認める階位を取得します。

神職に求人は上記の機関にしか出回らないため、一般的な求人サイトなどで目にすることはほとんどありません。

25歳以上で熱田神宮の神職を目指す方は、愛知県神社庁(052-682−8041)へご連絡ください。

神職に求められるスキルとして階位の他には、氏子や参拝者との関係を円滑に保つためのコミュニケーション能力(接遇)や伝統を重んじることができる姿勢、奉仕の精神を持つことがあげられます。

また、各種祭祀に出向く際に車で出かけるため、運転免許証が必要不可欠になります。

最近では神職を目指す女性も増加しています。

現在22,000人の神職の内、女性の神職は3,000人と言われています。

従来、男性の職とされていた神職ですが、氏子や参拝者に向けた女性ならではの細やかな気遣いや出産にまつわる儀礼、女性特有の悩みへの助言など男性神職では難しい対応を女性神職が担うようになってきました。

これは神社の活性化につなげる動きが多くの神社で見られるようになってきましたともいえます。

氏子とは?

氏子とは、その土地を管轄する神社に対して古来、伝統のように踏襲されている同族的な位置付けの住民、もしくはその土地を管轄する神社における神事や祭りなどの宗教的な帰属関係を持つ住民を氏子と呼びます。

日頃、神社へあまり行かない方であれば知らないかもしれまっしぇんが、あなたの自宅がある地域にはその地域の神事や祭りなどを管轄している神社があります。地域を管轄している神社からすれば、あなたは氏子にあたり、逆にあなたから見れば「氏神(うじがみ)」になります。

熱田神宮の巫女さんの求人一覧はコチラから
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ