中部国際空港(セントレア)「フライトオブドリームズ」の「営業時間、入場料、開業日(オープン日)、アクセス、駐車場、見どころなど」

スポンサードリンク

中部国際空港(セントレア)「フライトオブドリームズ」の「営業時間、入場料、開業日(オープン日)、アクセス、駐車場、見どころなど」

2018年秋、中部国際空港(セントレア)に華々しくオープンする「FLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームズ)」について、営業情報やアクセス、展示内容、見どころなどをご紹介します!

フライトオブドリームズとは?

建物の高さ

  • 約24m
建築面積

  • 約6500㎡(東京ドームの「グラウンド」の面積の約半分)
延床面積

  • 約1万1000㎡
設計

  • 日建設計
施工

  • 東急建設

FLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームズ)は、2018年夏に中部国際空港(セントレア)にオープンする複合商業施設です。

施設内は、ボーイング787初号機の展示がメインの展示・コンテンツエリア「FLIGHT PARK(フライトパーク)」と、ボーイング創業の地、アメリカのシアトルをコンセプトとしたショップ・レストランが並ぶ商業エリア「SEATTLE TERRACE(シアトルテラス)」で構成されています。

本物のボーイング787初号機などの展示を見た後は、シアトルの食文化やライフスタイルを感じられるシアトルテラスで、いつもとは一味違うショッピングやお食事をお楽しみください!

フライトオブドリームズはいつ・どこにオープンする?「開業日と場所」

フライトオブドリームズはいつオープンする?

「フライトオブドリームズ」のオープンが待ちきれない!

という方も多いかもしれません。

「2018年夏オープン」ということになっていますが、具体的な開業日はいつなのか・・!?

2018年7月2日現在では、駐車場のキャパシティーなどを考慮し、夏休みの繁忙期を避け、2018年9月以降の開業を計画しているとされています。

2018年8月10日追記:「フライトオブドリームズ」開業日発表!

「フライトオブドリームズ」は、「2018年10月12日(金)」オープンという発表がありました!

公式ホームページやツイッター、インスタグラムでは、「フライトオブドリームズ」のイベント、コンテンツ、ショップなどの情報が随時公開されており、最新情報が続々と発表されるはずですから、こまめにチェックしてみてくださいね。

フライトオブドリームズはどこにできる?

次に、フライトオブドリームズの場所をご紹介します。

フライトオブドリームズは、「中部国際空港のターミナルの南側」にできます。

周辺には、2019年オープン予定の新ターミナルや、同じく2019年オープン予定の「愛知県国際展示場」が建設中です。

現ターミナルの「アクセスプラザ」や立体駐車場、新ターミナルと繋がる予定となっています。

フライトオブドリームズの住所(所在地)

〒479-0881 愛知県常滑市セントレア1-1 FLIGHT OF DREAMS

フライトオブドリームズの営業時間・入場料(割引)・チケットについて

展示・コンテンツエリア「FLIGHT PARK(フライトパーク)」

営業時間

  • 10時~17時 
    ※最終入場16時30分
    ※土曜日は19時まで営業、最終入場18時30分
入場料

  • 大人(中学生以上):1,200円
  • 子ども(3歳以上):800円
  • 3歳未満:無料

入場料以外に必要な費用

フライトパークには9つのコンテンツがありますが、そのうち「787シミュレーター」は、別料金・事前予約制となります。
ただし、毎日一部の時間帯で、入場料のみで体験可能な抽選枠が設けられる予定ですので、詳細は発表になり次第、当サイトでもご紹介します。
また、「シアトル航空博物館ワークショップ」には、数百円の材料費が必要になプログラムがあります。

団体割引(一般・学校)

学校団体以外の一般の20名以上の団体には、以下の通り、割引が適用になります。

  • 大人:1,100円
  • 子ども:700円

保育園、幼稚園、小中学校、高校、大学などの団体が学校行事の一環で入場する場合、園児・自動・生徒は1人あたりの入場料が100円になります。
※20名以下でも対象となります。教職員などには適用されません。

いずれの団体も、割引適用には申し込みが必要です。

ホームページから申込用紙をダウンロードし、FAXで送信します。

障がい者割引

以下に挙げる手帳・証明書を所持する本人と、付添人1名まで、入場料が半額になります。
※前売り券には適用されません。

  • 身体障害者手帳
  • 療育(愛護)手帳
  • 戦傷病者手帳
  • 被爆者健康手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 特定医療費受給者証

チケットの種類・販売場所・購入方法

当日券

  • 販売場所:フライトオブドリームズのチケットカウンター

※当日の混雑によって、チケットの販売・入場が制限される場合があります。

前売り券

  • 販売場所:Webketチケット購入ページ
  • 購入方法:PCまたはスマートフォンからWebketチケット購入ページにアクセスし、クレジットカード決済で購入。入場前日まで購入可能。

※前売り券の価格は当日券の同じですが、並ばずに入場できるというメリットがあります。

商業エリア「SEATTLE TERRACE(シアトルテラス)」

営業時間

  • 飲食店:10時~22時
  • 物販店:10時~18時 ※閉店時間が異なる店舗もあります。
入場料

  • 無料

フライトオブドリームズへのアクセス(行き方)

フライトオブドリームズは、上述の通り、中部国際空港(セントレア)各所に直結すると思われます。

詳しいことがわかり次第、こちらのページでもご紹介します!

中部国際空港(セントレア)の最寄り駅・バス停・港(高速船のりば)

最寄り駅

  • 名古屋鉄道「中部国際空港駅」

※名鉄「ミュースカイ」、特急、準急を利用。名古屋駅からはミュースカイで最速28分。

最寄りバス停

  • 中部国際空港セントレアバスターミナル

※名鉄バスセンターから約88分。
※降車場は旅客ターミナル1階(ターミナル到着出口・アクセスプラザは2階)。
※新ターミナルビル前にもバス停ができる予定。

一般的な路線バス以外で名古屋中心部から中部国際空港(セントレア)に行けるバス
  • セントレアリムジン
    :中部国際空港と名古屋駅、名鉄バスセンターなどを1日14往復するバス
  • [深夜・早朝便]セントレア―名古屋駅高速バス(エアポートライナー)
    :毎日、深夜・早朝に、中部国際空港と名古屋駅を約55分、1,500円で結ぶバス
最寄り高速船のりば

  • 「セントレア」

※三重県・津(なぎさまち)とセントレアを1日15往復する高速船が就航しています。
※中部国際空港アクセスプラザまでは、連絡通路を通って徒歩約15分です。

フライトオブドリームズ(中部国際空港)の駐車場

中部国際空港(セントレア)の駐車場には、ターミナルビル直結の「P1」「P2」の2か所の駐車場があります。
さらに、混雑時には「臨時駐車場」が開場します。

営業時間・収容台数

営業時間

  • 24時間
収容台数

  • 約5800台

駐車料金

駐車料金(普通車、全高2.5m以内)

  • 30分以内無料、以降1時間あたり300円
  • 1日(24時間)最大1,500円 ※5日~30日以内の場合は期間内一律料金あり
    →最大1,600円 ※2019年9月より。5日~30日以内の一律料金8,000円。
駐車料金(大型車、全高2.5m超)※P2のみ

  • 30分以内無料、以降1時間あたり1,000円
  • 1日(24時間)最大5,000円 ※5日~30日以内の場合は期間内一律料金あり
駐車料金(二輪車)※P1入口付近の二輪駐車場を利用

  • 30分以内無料、以降1時間あたり100円
  • 1日(24時間)最大500円 ※5日~30日以内の場合は期間内一律料金あり
臨時駐車場の駐車料金

  • 24時間500円 ※混雑時のみ開場
予約料金

  • 普通車1,000円

※駐車料金は別途必要です。
※大型車・二輪車は予約できません。
※セントレアカード会員は予約料金無料です。

割引制度

中部国際空港の駐車料金には、以下のような割引制度があります。

セントレアカード会員割引以外の割引手続きは、アクセスプラザのインフォメーションカウンターで行います。

割引の詳しい適用条件などは、ホームページやインフォメーションカウンターでご確認ください。

  • 商業施設割引
    空港内の商業施設で5,000円以上利用すると、入庫日以降のレシート提示で600円引き
  • セントレアカード会員割引
    セントレアカードによるクレジット決済で、決済時に300円引き
  • 低公害車割引
    ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池自動車などの低公害車を利用すると、車検証の提示で300円引き
  • 身体障害者等割引
    身体障害者手帳、養育(愛護)手帳などの提示で半額引き

中部国際空港では、2019年オープンの新ターミナルの建設工事のため、現在、駐車スペースが減少しています。
特に土日祝日や大型連休中は満車になる可能性が高いので、中部国際空港・フライトオブドリームズへ行く際は、できる限り公共交通機関をご利用ください。
駐車場混雑予想カレンダーや満空情報は、中部国際空港のホームページで確認できます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






フライトオブドリームズ「フライトパーク」の展示内容・見どころ

ボーイング787初号機(ZA001)の屋内展示「フライウィズ787ドリームライナー」

フライトパークの見どころは、やはり「ボーイング787初号機」の展示です。

飛行機ですから、やはり、飛んでいるような雰囲気で展示したいということで、フライトオブドリームズでは、ボーイング787を約1.7mの高さの台座に乗せて展示します。

大きな機体の整備、移動、そして展示用に固定する作業は大変なもので、ボーイング社のエンジニアたちも参戦しました。

今更聞けない・・「ボーイング」って何?

「ボーイング(Boeing)」とは、アメリカのシカゴに本拠地を置く航空機メーカーです。
1916年、ウィリアム・ボーイング氏が設立した「B&W(後にパシフィック・アエロ・プロダクツに改称)」が前身で、1917年に会社名を「ボーイング航空機株式会社」としました。
1920年~30年代には軍用機の大量受注で発展し、戦後は民間輸送機も手掛けるようになった他、ロケットエンジン、衛星・衛星打ち上げ機なども製造しています。

アメリカでは最大級の貿易輸出企業で、エアバス社(本社フランス)と並び、世界の2大航空機メーカーと称されています。

ボーイング787とは!?

「ボーイング787」は、「ドリームライナー(Dreamliner)」の愛称を持つ、ボーイング社の中型ジェット旅客機です。

「ボーイング787」

  • 生産開始:2006年
  • 運用開始:2011年 ※現在も運航中
  • 採用航空会社:全日空、日本航空、大韓航空、シンガポール航空、ジェットスター航空 他多数
  • 全長:56.7m~68.3m ※機種により異なる
  • 全幅:47.6m~60.9m ※機種により異なる

ボーイング787のうち、1号機から3号機は試験飛行用の機体で、既に引退し、日本とアメリカの各施設に寄贈・展示されています。

その中でも、記念すべき「1号機(初号機)」が送られたのが、愛知県・中部国際空港でした。

ボーイング787の主要な部品を生産していることなど、愛知県とは縁があるということで、寄贈されることになったのです。

ところで、飛行機と言えば、通常は、各航空会社それぞれのイメージカラーに塗装され、ロゴなどが入っていますが、フライトオブドリームズに展示されるボーイング787初号機は、ボーイング社用の特別な塗装となっています。

航空機産業・航空業界について学べる体験型コンテンツ

チームラボが手掛ける体験型コンテンツも見逃せません。

JALやANAが協賛していることもあり、深く、楽しく、飛行機や航空業界について学べるコンテンツが登場します!

飛行機・ボーイングのファンはもちろん、そうでない方でも、もちろん、大人も子どもも楽しめる展示空間です。

チームラボとは・・?

フライトオブドリームズの体験型コンテンツエリアをプロデュースする「チームラボ(team Lab)」をご存知ですか?
チームラボは、科学技術とや芸術などを融合させたコンテンツを制作する会社です。
プログラマー、エンジニア、建築家、ウェブデザイナーなど、色々な分野の専門家が所属し、「実験と革新」をテーマに、それぞれの領域を融合させたウェブページ、映像、ショップやオフィス、イベント、メディアアートなど、多彩なコンテンツを手掛けています。
最新のテクノロジーを駆使しながらも芸術的な、製品や空間、イベントの作り手として定評があります。
チームラボが手掛けたコンテンツをご覧になりたい方は、ぜひ、公式ホームページを覗いてみてください!

それでは、フライトパークのコンテンツ全9種類の、内容や見どころをご紹介します。
※画像は公式ホームページより引用

1.フライウィズ787ドリームライナー

ボーイング787初号機と展示空間全体を使用した、プロジェクションマッピングです。
4階の観覧エリアから見ると、展示されている飛行機が本当に飛んでいるかのような没入感が感じられます。

2.ボーイングファクトリー

世界でも最大級の規模を誇る、ボーイングの工場を再現した展示です。
セントレアがある愛知県を始め、世界各地から輸送される部品が工場で組み立てられる過程などが学べます。

3.奏でる!紙ヒコーキ場

実際に紙飛行機を折って、「光のゲート」に飛ばします。
どうしたら遠くまで飛ぶのかを試行錯誤しながら、「飛ぶ」という動作の仕組みへの好奇心を高め、理解を深めるコンテンツです。
紙飛行機を飛ばすと、ゲートの色が変わったり、音が鳴ったりします。

4.お絵かきヒコーキ

自分で描いた飛行機の絵をスキャンすると、その絵がドーム状の空間を飛び回ります。
そして、なんと!その飛行機をタブレットで操縦することまでできちゃいます。

5.エアラインスタジオ

パイロットやキャビンアテンダント、整備士など、飛行機に関わる仕事をヴァーチャル体験できるコンテンツです。

6.ZA001コックピット

ボーイング787初号機「ZA001」のコクピットの展示です。
飛行中の状態が再現され、リアルな体験ができます。

7.歩いて集める飛行機図鑑

展示されているボーイング787の周りを歩きながら、スマートフォンのアプリを使って飛行機の部品を探して、図鑑を完成させるコンテンツです。
部品を集めながら、それぞれの役割を学ぶことができます。

8.シアトル航空博物館ワークショップ

航空・宇宙がテーマの博物館としては世界最大級のシアトル航空博物館の「STEM教育プログラム」を体験できるワークショップです。
工作、実験などを通して、楽しみながら航空について学べます。

STEMとは:

航空について学習する上で必要な、サイエンス(Science・科学)、テクノロジー(Technology・技術)、エンジニアリング(Engineering・工学)、マスマティクス(Mathematics・数学)の頭文字を取った名称。

9.787シミュレーター ※別料金・予約制

ボーイング787のコックピットが再現されたシミュレーターで、インストラクターの指導の下、操縦に挑戦できます。

日本初上陸!オフィシャルボーイングストア

アメリカの国外では初出店となる「ボーイングストア」では、日本ではここでしかお目にかかれない、レアなオリジナルグッズ約500点が販売されます。

本物の航空機の部品を用いた家具なども必見です!

フライトオブドリームズ「シアトルテラス」のコンセプト・見どころ・出店店舗

無料で入場できる商業エリア「SEATTLE TERRACE(シアトルテラス)」は、ボーイング創業の地、アメリカのシアトルをコンセプトにしたショップやレストランが出店し、一般的なショッピングモールとは一味違った体験ができる場所となります。

以下では、コンセプトと、要注目の店舗をご紹介します。

「シアトルブランド」

シアトルを本拠地とするメーカー、レストラン、オーナーシェフ等のブランド店舗

  • フランズチョコレート:
    シアトルに1号店を構える手作りチョコレート店。
  • イーサンストゥウェル ピザ&パスタ:
    シアトルを代表するシェフが手掛ける人気レストラン。
  • ビーチャーズ ハンドメイドチーズ:
    シアトルの観光名所「パイクプレイスマーケット」で人気のチーズ専門店。
  • スターバックス:
    日本でもお馴染みのスターバックスコーヒーも、実はシアトル発祥!
「シアトル製造」

シアトルで製造された食品や雑貨を中心に輸入・販売する店舗

  • ザ パイクショップ ビア、ワイン&モア:
    アメリカ北西部の希少なワインや、限定ラベルのビールなどを取り扱うショップ。
  • ハローシアトル:
    シアトルで人気のブランドの食品や雑貨を販売するショップ。
「シアトルイメージ」

シアトルの食文化やライフスタイルをイメージして業態開発された店舗

  • シアトルフィッシュマーケット:
    名古屋の鮮魚店が直営する、シアトルで人気のフィッシュアンドチップスをメインとしたシーフードレストラン。
  • フジヤマゴーゴー シアトルラーメンスタンド:
    名古屋の有名ラーメン店が手掛ける新業態店舗。シアトルをイメージしたメニューや、アメリカ北西部の食材を使用したメニューを用意。

おわりに・・

「フライトオブドリームズ」については、入場料や営業時間、こちらのページでご紹介した以外のショップや体験型コンテンツなど、まだ公表されていない内容がたくさんあります。

そういった情報は、オープンまでの間、随時発表になっていくと思われますので、ぜひお楽しみに!

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ