ライトアップに熱視線!熱田神宮と周辺の紅葉「見ごろ時期・おすすめスポット・ライトアップ・混雑状況・アクセスなど」

スポンサードリンク

ライトアップに熱視線!熱田神宮と周辺の紅葉「見ごろ時期・おすすめスポット・ライトアップ・混雑状況・アクセスなど」

こちらのページでは、熱田神宮の紅葉の見どころや、熱田市、名古屋市の紅葉の名所をご紹介します。

秋のイベントや紅葉のライトアップなど、紅葉に「プラスα」の楽しみがある場所も多いので、ぜひぜひチェックして、あなたのお出かけの計画に役立ててください!

熱田神宮の紅葉の見ごろ時期・木の種類など

紅葉の色付き始め

  • 11月中旬
紅葉の見頃

  • 11月下旬~12月上旬

紅葉の進み具合は、年によって、多少、前後する場合があります。

紅葉する木の種類

  • イチョウ、モミジなど

熱田神宮の拝観時間(開門時間・閉門時間)・拝観料

拝観時間(開門時間・閉門時間)

  • 24時間

授与所・社務所の窓口営業時間:午前7時~日没頃まで
休憩所:毎日9時30分~16時30分(オーダーストップは16時)

拝観料

  • 無料

熱田神宮の住所・お問い合わせ先

熱田神宮の紅葉「おすすめスポット」

熱田神宮の広大な境内には針葉樹が多く、まとまって紅葉が見られる場所はあまりありません。

あてもなく歩き回るのは大変ですので、ぜひ以下を参考に、熱田神宮の秋を満喫してください。

 

熱田神宮の境内図や回り方は、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

広すぎる!何分かかるんだ!!熱田神宮の拝観料金・拝観所要時間と境内の地図(マップ)・回り方など

神楽殿前

神楽殿周辺もマツなどの緑が目立つものの、真っ赤なモミジが交ざって彩を添え、熱田神宮らしい、落ち着いた、良い雰囲気になります。

熱田神宮会館前イチョウ並木

熱田神宮会館や第1駐車場の近くにあるイチョウ並木は、熱田神宮内でもっとも華やかな紅葉(黄葉)スポットです。

黄色い葉がボリューム満点のトンネルを作り出し、見ごろを過ぎると今度は絨毯になる、熱田神宮・晩秋の名所を、ぜひ写真にも収めてください!

熱田神宮の紅葉「ライトアップはある?」

熱田神宮では、紅葉に焦点を当てたライトアップは行われていません。

ただ、夜間の参拝客のため、社殿や、参道の所々には灯りがともります。

熱田神宮と周辺の秋のイベント「あったか!あつた魅力発見市」

紅葉の季節の日曜日、1日限定で開催される「あったか!あつた魅力発見市」は、熱田界隈では人気のイベントです。

熱田神宮公園や白鳥公園など、周辺5か所でマルシェ(市場)が開かれ、地元の特産品や飲食物、伝統工芸品を取り扱う出店が出たり、ミニライブが開催されたりします。

当日は、各マルシェをつなぐ無料の巡回バスが運行しますので、複数の場所を巡るのも簡単ですよ。

当日、熱田神宮ではガイド付きで境内を散策できる「熱田神宮特別ガイドツアー」が行われます。

あったか!あつた魅力発見市の日程(2018年)

  • 11月25日(日)
熱田神宮特別ガイドツアーの時間と場所

  • 時間:毎時00分・30分
  • 場所:熱田神宮西門付近から出発

「あったか!あつた魅力発見市」のリーフレット(2018年)は、 こちらからダウンロードできます!

熱田神宮の紅葉「混雑状況」

上述の通り熱田神宮には紅葉する箇所が少なく、紅葉目的で訪れる人は多くありません。

ただ、季節柄、七五三参りで参拝や祈祷に訪れる親子連れが多いため、11月の土日や大安の日などを中心に、境内では晴れ着姿のお子さんをたくさん見かけます。

また、11月は中旬まで境内中心部の大楠の近くで菊花展が行われ、それを見に来る参拝客もいます。

静かな環境での参拝や紅葉観賞をご希望の方は、早朝がおすすめですよ。

熱田神宮の菊の展示

熱田神宮の紅葉「アクセス(行き方)と駐車場情報」

最寄り駅からのアクセス

熱田神宮には、以下の各駅から徒歩でアクセスすることができます。

  • JR「熱田駅」から徒歩約11分
  • 名鉄「神宮前駅」から徒歩約6分
  • 名古屋市営地下鉄「神宮西駅」から徒歩約8分
  • 名古屋市営地下鉄「伝馬町駅」から徒歩約9分

 

熱田神宮へのアクセスについては、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

名古屋駅から熱田神宮 へのアクセス(行き方)「バス・電車・車(タクシーの距離と料金)・徒歩」

熱田神宮の駐車場

熱田神宮の境内には、3つの駐車場があり、合計で約400台を収容できます。

ただ、普段から土日祝日は混雑しやすく、午前中に満車となることもあるため、特に、土日祝日の日中に訪れる場合は、周辺のコインパーキングの利用も視野に入れておくと良いでしょう。

熱田神宮周辺・名古屋市の「人気・おすすめ!紅葉の名所」

熱田神宮の周辺や名古屋市内には、たくさんの紅葉の名所があります。

以下では、その中から、特におすすめの4か所をご紹介します!

(1)白鳥庭園

白鳥庭園(しろとりていえん)は、中部地方の地形をモチーフにしたという、ユニークな池泉回遊式庭園を中心とした日本庭園です。

園内には、御嶽山がモデルの築山や、木曽川がモデルの小川などが築かれています。

広大な敷地には大きく分けて8つのエリアがあり、それぞれ「滝の景」「渓谷の景」などと名付けられ、「白鳥八景」と総称されています。

秋には、モミジやドウダンツツジの真っ赤な紅葉が素晴らしく、多くの人が紅葉狩りに訪れます。

池の水面に映り込む紅葉はもちろん、滝の周辺も見どころとなっています。

白鳥庭園の紅葉の見ごろ時期

  • 11月下旬~12月上旬
池泉回遊式庭園とは:

大きな池を中心に据え、周辺を歩きながら景色を楽しめる造りの庭園。

白鳥庭園の紅葉「観楓会・ライトアップ」

白鳥庭園では、毎年11月下旬頃、園内の紅葉をより楽しむための「観楓会(かんぷうかい)」が開催されます。

期間中はマルシェ(市場)が開かれたり、出店が出たりする他、茶会やライブ、ライトアップも催されます。

ライトアップ企画「あかりアート」では、庭園の池の周辺がライトアップされ、水面には観楓会の企画の参加者が手作りした「浮き灯篭」や「灯り鶴」が浮かべられます。

白鳥庭園「観楓会」とライトアップ「あかりアート」の日程(2018年)

  • 11月23日(金祝)~12月9日(日)

※期間中は土日祝日を中心に各種イベントが開催されます。日程など最新情報は、白鳥庭園のホームページなどでご確認ください。

白鳥庭園の営業時間(開園時間)・入場料(入園料)

営業時間(開園時間)

  • 9時~17時 ※最終入園16時30分

観楓会期間中は、21時(最終入園20時30分)までとなります。
期間中の17時以降は北門が閉門となり、正門からのみ、入園できます。

定休日

  • 月曜日 ※祝日の場合は翌平日。
入場料(入園料)

  • 中学生以上300円

※名古屋市在住の65歳以上の方は100円。敬老手帳などをご提示ください。
※名古屋市設置第一号の公園が誕生した11月を記念して、2018年11月25日(日)は無料開園日となります。

白鳥庭園へのアクセス(行き方)

  • 地下鉄名城線「神宮西駅」より徒歩10分
  • 熱田神宮から徒歩約15分

駐車場

  • 47台、普通車1回300円

白鳥庭園の住所・お問い合わせ先


スポンサードリンク -Sponsored Link-






(2)徳川園

徳川園は、江戸時代に、二代目の尾張藩主・徳川光友の屋敷の庭園として造営された、いわゆる「大名庭園」で、立体的で変化に富んだ堂々とした佇まいを、今に伝える名勝です。

晩秋には、イロハモミジやヤマモミジなど、約300本のモミジを始め、色々な種類の落葉樹や秋の花々が、私たちを出迎えてくれます。

徳川園の紅葉と言えば、「龍仙湖」のほとりの巨岩や「大曽根の滝」と真っ赤なモミジのコラボレーション、そして、世界三大広葉樹の1つニシキギ(錦木)などが見どころです。

徳川園の秋の見どころが掲載された園内マップは、 コチラからダウンロードできます!

※2018年12月10日(月)~28日(金)の期間中、園内の「虎仙橋」は改修工事のため通行できません。

徳川園の紅葉の見ごろ時期

  • 11月中旬~12月上旬

徳川園の紅葉「紅葉祭・ライトアップ」

徳川園では、紅葉の季節に合わせて、「錦を纏(まと)う 徳川園紅葉祭(こうようさい)」が開催されます。

紅葉祭の期間中は、いけばな展やコンサート、菰掛け(ワラで木を覆う作業)実演などが行われます。

また期間限定で開園時間が20時30分まで延長され、ライトアップも楽しめます。

徳川園紅葉祭・ライトアップの日程(2018年)

  • 11月20日(金)~12月13日(日)

※11/29(日)までは「紅葉灯りみち」と題して、園内のライトアップが行われます。
※その他、土日祝日を中心に、各種イベントが開催されます。日程など最新情報は、徳川園のホームページなどでご確認ください。

徳川園の営業時間(開園時間)・入場料(入園料)

営業時間(開園時間)

  • 9時30分から17時30分 ※最終入園17時

※2018年ライトアップ(夜間拝観):11月20日~29日、20時30分まで。

定休日

  • 月曜日 ※祝日の場合は翌平日
入場料(入園料)

  • 高校生以上300円

※名古屋市在住の65歳以上の方は100円。敬老手帳などをご提示ください。

 

徳川園の割引情報は、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

無料でも入れた?!割引後料金もお得!「名古屋・徳川園」の入場料金・割引適用媒体一覧・営業時間など

徳川園へのアクセス(行き方)

  • 地下鉄桜通線「車道駅」または名城線「大曽根駅」から徒歩約15分
  • JR中央本線「大曽根」駅下車南出口から徒歩約10分

 

名古屋駅から徳川園までのアクセスについては、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。
名古屋駅から徳川園までのアクセス(行き方)「電車・バス・車(タクシー)」

熱田神宮から徳川園までのアクセスについては、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。
熱田神宮から金山駅・名古屋駅を経由して徳川園へのアクセス(行き方)「電車・バス・車(タクシー)」

駐車場

  • 82台、普通車30分120円

徳川園の住所・お問い合わせ先

(3)名古屋城

名古屋のシンボル「名古屋城」の敷地内には、多くの樹木が植えられており、季節の花々を楽しむことができます。

秋には紅色のサザンカや赤いボケの花が咲き、名勝・二之丸庭園西之丸では、真っ赤なモミジが見ごろを迎えます。

紅葉はお堀の外側からも見えますので、白い天守閣との共演も、ぜひ、お楽しみください。

名古屋城の紅葉の見ごろ時期

  • 11月中旬~12月上旬

※2018年現在、名古屋城には工事中エリアがあります※

天守閣には入場できません!

2018年現在、耐震性が低いことに対応するため、天守閣は閉館されています。
なお、2022年12月完成予定で、木造天守悪の復元プロジェクトが進行しています。

西之丸には工事中エリアがあります!

例年、見事な紅葉が見られる西之丸エリアですが、2018年秋現在、展示収蔵施設の工事が行われています。
最新情報は、名古屋城のホームページなどでご確認ください。

2018年12月から、茶席の修繕工事があります!

茶席の屋根修繕工事に伴い、2018年年12月1日から2019年3月31日までの間、茶席(書院、猿面望嶽茶席、又隠茶席、織部堂)の利用は休止となります。

名古屋城の秋のイベント①「名古屋城 秋祭り」

秋祭りの期間中は、文化財の特別展示や特別拝観が行われます。

また、大人気の「名古屋おもてなし武将隊」「徳川家康と服部半蔵忍者隊」も登場します!

さらに、土日祝日を中心に、地元グルメや、侍・忍者にちなんだ食べ物が振舞われる企画や、和楽器・和太鼓・ジャズ・クラシックなどの音楽が楽しめる「音楽祭」が開催されます。

2018年秋祭りの特別展示・特別拝観などの内容

  • 名古屋城本丸御殿障壁画「竹林豹虎図」(重要文化財)の特別展示
  • 東南隅櫓・西南隅櫓・西北隅櫓(それぞれ重要文化財)の特別拝観
  • 名古屋城天守閣の木造復元イメージVR(仮想現実)体験 ※13歳以上
秋祭りの日程(2018年)

  • 10月6日(土)~11月25日(日)

名古屋城の秋のイベント②「名古屋城 菊花大会」

期間中は、西之丸エリアで、菊の花の大規模な展示会が行われます。

また、菊で装飾された「菊人形」も、正門・東門に飾られます。

菊花大会の日程(2018年)

  • 10月28日(月)~11月23日(金・祝)

 

名古屋城の菊花大会や「おもてなし武将隊」については、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

これも見どころ!名古屋城の有名な行事イベント

名古屋城天守閣の「ライトアップ」

名古屋城の天守閣のライトアップは、通年で開催されています。

紅葉に的を絞ったものではありませんが、近くを訪れた際は、ぜひ、ご覧ください。

天守閣ライトアップの時間

  • 日没~23時

※毎月8日は環境デーのため21時30分まで。

名古屋城の開門時間(開園時間)・入場料(観覧料)

開門時間(開園時間)

  • 9時~17時 ※最終入場16時30分

※西南隅櫓・本丸御殿の入場は16時まで

定休日

  • なし
入場料(観覧料)

  • 高校生以上500円

※名古屋市在住の65歳以上の方は100円。敬老手帳などをご提示ください。

 

名古屋城の入場料・割引情報については、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

えぇっ?!無料で入れたの?名古屋城の「入場料金(割引適用媒体一覧)・見学所要時間・回り方」など

名古屋城へのアクセス(行き方)

  • 地下鉄名城線 「市役所」から徒歩約5分
  • 地下鉄鶴舞線 「浅間町」から徒歩約12分
  • 瀬戸線 「東大手」 下車 徒歩15分

 

熱田神宮から名古屋城までのアクセスについては、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

熱田神宮(名古屋駅・栄駅)から名古屋城へのアクセス・行き方

駐車場

  • 520台、普通車30分180円

名古屋城の住所・お問い合わせ先

(4)東山動植物園(東山植物園)

東山動植物園の植物園には、温室や花畑の他、日本庭園や合掌造りの家屋などの見どころがあります。

秋にはイロハモミジ、ハウチワカエデ、カツラなどの落葉樹、約60種500本が見事に紅葉し、名古屋でもっとも有名かつ人気の紅葉狩りスポットとなります。

趣ある庭園や家屋、池、そして紅葉が調和した、「これぞ日本の秋!」といった景色が見られますよ。

特に、日本庭園まで続く散策路のモミジのトンネルは圧巻です。

現在、どんな花や木が見ごろなのかがわかる、月ごとの「花マップ」は、こちらのページからダウンロードできます!

東山動植物園の紅葉の見ごろ時期

  • 11月下旬~12月上旬

東山動植物園「紅葉狩り・紅葉ライトアップ」

紅葉の季節、東山植物園では、「紅葉狩り」というイベントが開催されます。

期間中は、コンサートや子ども向けスタンプラリーなどのイベントが催されます。

また、期間限定で開園時間が延長され、温室や日本庭園、合掌造り家屋の周辺が美しくライトアップされます。

裏池に映し出される「さかさもみじ」は、名古屋随一という評判ですので、ぜひ、おでかけください。

紅葉狩り・紅葉ライトアップの日程(2018年)

  • 11月16日(金)~11月25日(日)

※ライトアップは11月19日~21日を除く

東山動植物園の営業時間(開園時間)・入園料

営業時間(開園時間)

  • 9時~16時50分 ※最終入園16時30分

※「紅葉狩り」期間中は20時30分まで延長。最終入園20時。

定休日

  • 月曜日 ※祝日の場合は翌平日
  • 年末年始(12月29日~1月1日)
入園料

  • 高校生以上500円

※動物園・植物園共通
※名古屋市在住の65歳以上の方は100円。敬老手帳などをご提示ください。

 

東山動植物園の入園料や割引制度について詳しくは、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

【意外に割引が多った】東山動物園の「入場料金・割引適用媒体(割引き券/割引クーポン一覧)・営業時間(定休日)」をご紹介!

東山動植物園へのアクセス(行き方)

  • 地下鉄東山線「東山公園」駅から徒歩約3分
  • 地下鉄東山線「星ヶ丘」駅から徒歩約7分

 

名古屋駅、栄駅、熱田神宮から東山動植物園へのアクセスについては、当サイトの以下のページ↓でご紹介しています。

名古屋駅・栄駅・熱田神宮から東山動物園へのアクセス(行き方)「電車(地下鉄)・市営バス・車(タクシー)」

駐車場

  • 1600台、普通車1回800円

 

秋の行楽シーズン、紅葉シーズンには、駐車場がたいへん混雑します。詳しくは、当サイトの以下のページ↓をご参照ください。

【事前予約・路駐は当然禁止?】東山動物園の駐車場の混雑状況・混雑回避対策について

東山動植物園の住所・お問い合わせ先

こちらのページでご紹介した料金・割引制度などは、2018年12月現在の情報です。
変更になっている場合がありますので、最新情報は公式ホームページなどでご確認ください。
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ