【これ10選!】行列ができる超人気店!名駅(名古屋駅)の周辺・付近の「ひつまぶし」人気おすすめランキング!

スポンサードリンク

【これ10選!】行列ができる超人気店!名駅(名古屋駅)の周辺・付近の「ひつまぶし」人気おすすめランキング!

熱田神宮に参拝に訪れて、広大な境内を歩きまわって、お腹がペぇコペぇコになったら、そこらのコンビニに入って・・弁当を買う!な~んてトンデモナイ!

参拝にいって邪気を祓い、福を授かった帰りには、舌でも幸福という「福」も授かってください。

舌で味わう福とは、ズバリ!名古屋&熱田名物の「ひまつぶし」です。

・・アラっ?..あ、いやいやいや「ひつまぶし(櫃まぶし)」!!..です。

以下では、名古屋&熱田名物の「ひつまぶし」が食べられる数あるお店の中から、名古屋駅に近い人気・おすすめ店を、熱田神宮‐御朱印サイトスタッフが厳選し、独自のランキングを10選でご紹介したいと思います。

ちなみに「ひつまぶし」とは、お櫃(おひつ/お茶碗)に取り分けて食べるスタイルの、うなぎ犬のことで、..あら?またか..うなぎ飯!!の、ことで、熱田神宮近くに本店を構える「あつた蓬莱軒」の登録商標のことです。

第10位.「名古屋ひまつぶし・備長 ラシック店」

名古屋ひまつぶし・備長

東京や大阪にも進出する有名店「備長」では、ウナギを焼くのに遠赤外線の備長炭を使用しているそうです。

そのため皮がパリパリに焼け、身はフックラと仕上がります。

うなぎの状態に合わせて焼き方を変え、常に最高の状態で提供しています。

創業以来、継ぎ足して作られてる秘伝のタレは、最高品質のたまり醤油と砂糖、みりんだけ使用し、アッサリと作られています。

ひつまぶしとのマリアージュが面白い白ワインも提供しています。

  • おすすめのメニュー:ひつまぶし(3,400円)

名古屋ひまつぶし・備長

「備長」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:名古屋市中区栄3-6-1ラシック7F
  • 電話番号:052-259-6703
  • 営業時間:11:00-15:30(L.O.15:00)、17:00-23:00(L.O.21:30)
    ※金・土・祝前日はL.O.22:00
  • 定休日:不定休(ラシックに準ずる)
  • ホームページ:https://www.hitsumabushi.co.jp/
  • アクセス:地下鉄「栄駅」15番・16番出口から徒歩約3分
※店舗情報※

名古屋市内には、こちらの「ラシック店」の他、JR名古屋駅の新幹線口に近い「エスカ店」、地下鉄名古屋駅直結の「大名古屋ビルヂング店」、名古屋城近くの「金シャチ横丁店」があります。

第9位.「名古屋ひまつぶし・しら河 浄心本店」

「しら河」の昭和28年以来変わらない味は、たまり醤油を基本とした甘味のあるタレが決め手です。

こだわりのうなぎは三河一色産を使用し、お米もひつまぶしに最適な粒の大きさや粘りを厳選しています。

関西風にパリッと焼き上げるうなぎは深い味わいです。

3杯目にいただくお茶漬け用の出汁は、吸茶を使用しています。

こだわり抜かれた極上のひつまぶしを、リーズナブルにいただける人気店です!

  • おすすめのメニュー:しら河のひつまぶし(税込2,800円)

名古屋ひまつぶし・しら河

「しら河」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:名古屋市西区城西4-20-12
  • 電話番号:052-524-1415
  • 営業時間:11:00-15:00(L.O.14:30)、17:00-21:30(L.O.21:00)
  • 定休日:年末年始
  • ホームページ:https://hitsumabushi.jp/
  • アクセス:地下鉄「浄心駅」から徒歩約2分
※店舗情報※

名古屋市内には、こちらの「浄心本店」の他、JR名古屋駅前の「名駅店」、地下鉄今池駅前の「今池ガスビル店」、地下鉄「栄駅」から徒歩約5分の「栄ガスビル店」があります。
また、JR名古屋タカシマヤには、お持ち帰り専門店があります。
地下鉄名古屋駅から浄心駅まで行くには乗換えが必要なので、名古屋駅の近くでお探しなら、栄ガスビル店がおすすめです。

第8位.「名古屋ひまつぶし・いば昇」

錦3丁目にありながら、木造2階建てのクラシックな佇まいを残す、明治42年創業の老舗です。

お櫃に入ったご飯に乗った細かく刻まれたうなぎは、品質の良さから鹿児島産など九州産を使用し、備長炭で関西風にパリッと焼き上げます。

コクのある甘辛い特殊なタレを使用し、コッテリとした印象です。

  • おすすめのメニュー:ひつまぶし(3,250円)

名古屋ひまつぶし・いば昇

「いば昇」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:名古屋市中区錦3-13-22
  • 電話番号:052-951-1166
  • 営業時間:11:00-14:30(L.O.)、16:00-20:00(L.O.)
  • 定休日:日曜日、第2・第3月曜日
  • ホームページ:http://www.ibashou.jp/
  • アクセス:地下鉄「栄駅」3番出口から徒歩約4分

スポンサードリンク -Sponsored Link-






第7位.「名古屋ひまつぶし・う家 (うや)」

「う家」は、炭焼・国産うなぎ専門店です。

「う家」のうなぎは、時によって産地が異なります。それは、時期に応じて、その時に一番脂が乗って大きいサイズのものを厳選しているからです。

大きいサイズのうなぎにこだわっているだけあって、身に厚みがあり、ぷりっぷりの食感が特徴となっています。

普通のひつまぶしには、この大きなうなぎが約3分の2匹乗ります。

ボリュームをお求めの方は、大サイズのうなぎ約1匹分の「う家ひつまぶし」や、約1.5匹分の「特上ひつまぶし」をどうぞ。

女性や小食な方向けの「姫ひつまぶし」は、食べ歩きや飲み会の〆にもぴったりということで、好評です。

  • おすすめのメニュー:ひつまぶし(3,200円)

「う家 名駅店」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:名古屋市中村区名駅4-4-16 かに家ビル1階
  • 電話番号:052-581-1111
  • 営業時間:
    平日 11:30-15:00(L.O.14:00)、17:00-21:30(L.O.20:45)
    土・日・祝 11:00-21:30(L.O.20:45)
  • 定休日:なし
  • ホームページ:https://www.hitsumabushiuya.com/
  • アクセス:各線「名古屋駅」から徒歩3~5分 ※ミッドランドスクエアから徒歩約1分

第6位.「名古屋ひまつぶし・稲生(いのう) エスカ店」

稲生のひつまぶしは、3,000円を切るリーズナブルな価格設定ですが、皮はパリッ!身はふんわり♪、甘辛たれがガツンとくる、名古屋らしい味わいを堪能できます。

ひつまぶしには、たくさん食べたい方向けに「上ひつまぶし」がある他、前述の「う家」と同じく、小食の方向けの「ミニひつまぶし」があるのも、嬉しいポイントです。

既に食べ歩きをした後!という時や、この後食べたいスイーツがある!という時にも安心ですよ。

また、「ひすまぶし・どんぶり稲生」と名乗っているだけあって、うなぎ丼はもちろん、えびかきあげ丼、ひれかつ丼などの丼ものも名物ですので、グループ内で食べたいものにばらつきがある場合にも、おすすめのお店です。

  • おすすめのメニュー:ひつまぶし(税込2,880円)

「稲生 エスカ店」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:名古屋市中村区椿町6番9号先 エスカ地下街
  • 電話:052-453-1216
  • 営業時間:11:00-21:30(L.O.21:00)
  • 定休日:エスカ休業日
  • ホームページ:https://www.inou-hitsumabushi.com/
  • アクセス:JR名古屋駅から徒歩約3分
※店舗情報※

名古屋市内には、エスカ店の他、地下鉄「栄駅」から徒歩約8分の「栄町ビル店」があります。

 .「名古屋ひまつぶし・うな東(うなとう)」

うな東のひつまぶしは、香ばしく焦げ目がよくついたうなぎと濃いめのたれが特徴です。

その食感やお味はさることながら、うなぎが惜しみなく盛られているボリューム満点のひつまぶしを、雰囲気のある一軒家レストランで中庭を眺めながら食べる贅沢が、このお値段で!?と、コストパフォーマンスの面でも評価の高いお店です。

ひつまぶしはうなぎが小さく刻まれていますが、大きいまま食べたい方には、うな重やどんぶりがおすすめですよ。

  • おすすめのメニュー:ひつまぶし(3,520円)

「うな東」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:名古屋市中川区福住町9-22
  • 電話:052-351-2844
  • 営業時間:11:00-14:00、17:00-21:00
  • 定休日:水曜日
  • アクセス:近鉄「米野駅」から徒歩約13分

 .「名古屋ひまつぶし・うな善」

「うな善」のひつまぶしは、「関東風」です。

その特徴は、たれや調味料を付けずに直火焼き(白焼き)した後に、じっくりと蒸し上げてふっくらと仕上げる調理法と、コクがありながらさっぱりした後味のタレにあります。

また、名古屋のひつまぶしによくあるようにウナギを小さく刻まず、大きめに切って、ご飯にどーん!と乗せているのも、「うな善」のひつまぶしの特徴であり、魅力の1つです。

ランチタイムにお立ち寄りの場合は、20匹に1匹しか獲れないという貴重な「青うなぎ」を使った1日30食限定の「炭火名古屋ひつまぶし」(4,500円)を、ぜひお試しください。

  • おすすめのメニュー:柔らかひつまぶし(上)(2,980円)

青うなぎとは?

養殖、天然に関わらず、特別良い条件下で成長したうなぎは、他のうなぎと色が異なります。
それが、時に若草色とも表現されるような灰色がかった緑色であることから、「青」うなぎと呼ばれるようになったとも言われています。
20匹に1匹と紹介しましたが、天然うなぎの場合、その割合はもっと低くなるそうです。
ふっくらとした食感で脂がのり、臭みが少ないのが特徴で、ただ希少というだけでなく、味も最上級の、高級品です。

「うな善」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:名古屋市中村区名駅南1-17-26
  • 電話:050-5592-3565
  • 営業時間:
    火曜日~土曜日・祝前日 11:30-14:00(L.O.14:00)、16:30-22:30(L.O.21:30)

    日曜日・祝日 11:30-14:00(L.O.14:00)、16:30-21:00(L.O.20:30)
  • 定休日:月曜日 ※他、ゴールデンウイーク、お盆、年末年始などに連休あり
  • ホームページ:http://www.meieki-unazen.com/
  • アクセス:各線「名古屋駅」から徒歩5~8分
    ※名鉄百貨店メンズ館、近鉄パッセから徒歩約5分

スポンサードリンク -Sponsored Link-






 .「名古屋ひまつぶし・うなぎ家 しば福や」

「しば福や」は、「名古屋で一番!」という声も多い、人気店です。

それもそのはず、こちらの大将はうなぎ養殖家育ちで、しかも名店「うな富士」で15年間修行を積んだという経歴の持ち主。

熟練の技で丁寧に仕上げる「カリっ・ふわっ」のうなぎは、リピート必須のおいしさなのです!

「しば福や」のたれは、こってりしすぎない絶妙な味加減ですが、「甘辛たれはちょっと苦手で・・」という方には、良質なうなぎそのものの味が楽しめる「白焼き膳」や、白焼きのうなぎに塩とブラックペッパーでアクセントをプラスした「スタミナまぶし」もおすすめですよ。

うまき(うなぎ入り玉子焼き)、肝焼き、肝わさび、うなぎの骨せんべいなどの一品料理も豊富で、どれも間違いないお味で、居酒屋としても人気があります。

シックで優しい雰囲気の外観に、少しモダンな雰囲気の内装の広々とした一軒家で、特別なお食事の時間をお過ごしください!

  • おすすめのメニュー:ひつまぶし(4,500円)

「うなぎ家 しば福や」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:名古屋市西区那古野1-23-10
  • 電話:052-756-4829
  • 営業時間:11:30-14:30(L.O.14:00)、17:30-20:30(L.O.20:00)
  • 定休日:火曜日、第2・第4水曜日
  • ホームページ:http://shibafukuya.com/
  • アクセス:地下鉄「国際センター駅」から徒歩約6分

 .「名古屋ひまつぶし・うなぎ イチビキ」

少しコッテリ系の「ひつまぶし」をご所望なあなたは是非!この「イチビキ」が一押しです!

こちらは、1939年(昭和14年)の創業以来、変わらず現在の場所で営業を続けている「ひつまぶし」の老舗です。

タレは少し甘めですが、重厚さで言えば1つ抜き出たような印象。

お昼時には40席ほどある客席もスグに埋まってしまい、たちまちの内に店の前には長蛇の行列ができてしまいます。なんてこったぁ。

しかし行列に並んでまで食べたい人の気持ちがワカランでもない今日この頃・・。

併せて出てくる鰻の肝吸い物(ウナギの内臓)がこれまた絶品!

男の「ひつまぶし」なら是非!「イチビキ」へ!

  • おすすめメニュー:鰻まぶし(肝吸い物付き4,000円)

「イチビキ」のお問合せ先

  • 住所:名古屋市中村区名駅南1-3-16
  • 電話番号:052-582-3811
  • 営業時間:11:30-13:00、17:00~20:00
    ※夜の部は前日までに 要予約。
    ※鰻の品切れ時、閉店
  • 定休日:月曜日
  • アクセス:地下鉄「伏見駅」・「国際センター駅」から徒歩約8分
    ※地下鉄「名古屋駅」~ミヤコ地下街から徒歩約7分

 .「名古屋ひまつぶし・まるや本店 名駅店」

おそらく創業の年数で言えば、ここまででご紹介したどの「ひつまぶし店」よりも若輩でしょう。

しかし、若輩だからといって味までイマイチ・・というわけでないことは、この店に入って「ひつまぶし」をパクッとパク付けば、容易に理解できます。

地元・名古屋の隠れた銘店の「たまり醤油」を使用して作られたタレは、他の店では味わえない一風変わった食感が得られます。

コンガ~リ♪と焼きあがったひつまぶしの上に大葉の薬味が乗っています。

コイツを根元のシャリとうなぎを合わせてパク付けば、一瞬ですがあの世が見えて頭が真っ白になります。

思わず生きているのも忘れるほどの究極の脱力感を味わえるハズです。

最後は、ほうじ茶とダシ汁を合わせた茶漬けをいただけます。

この茶漬けを口に一口放り込んだ瞬間、もぅ脳天がイカれて「おかしくなっちゃぅぅぅ~んポポっ」。・・などと訳の分からない奇声をあげ・・ませんが、あげるかもしれません。どっちやねん

  • オススメはもちろん!茶漬けにできる「上ひつまぶし」:3065円です!

あつた蓬莱軒・本店

「まるや本店 名駅店」のお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店本店 9F
  • 電話番号:052-585-7108
  • 営業時間:11:00-23:00(L.O.22:00)
  • 定休日:不定休(名鉄百貨店に準ずる)
  • ホームページ:https://www.maruya-honten.com/
  • アクセス:各線名古屋駅から徒歩約5分
※店舗情報※

名古屋市内には、名駅店の他、JR名古屋駅のなごやうまいもん通りにある「JR名古屋駅店」、名鉄百貨店メンズ館の「名鉄地下店」を始め、「大曽根店」、「天白本店」もあります。また、中部国際空港(セントレア))にも店舗があります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ